[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 6m後方に白い影が… 外野手の“捕れる顔”に全米笑撃「これ、バグじゃないの?」

6m後方に白い影が… 外野手の“捕れる顔”に全米笑撃「これ、バグじゃないの?」

米大リーグで外野手がフライで捕球態勢に入りながら、グラブを掲げた20フィート(約6メートル)後方にボールが落下する球史に残る珍プレーが発生。何度見てもおもしろい“笑撃”シーンをMLBネットワーク公式ツイッターが動画付きで紹介し、「これ、ゲームのバグじゃないの?」と全米のファンは目が点になっている。

ナショナルズ右翼手が捕球態勢も6m後方に落下…ファン目が点「奇妙とはこういうこと言う」

 米大リーグで外野手がフライで捕球態勢に入りながら、グラブを掲げた20フィート(約6メートル)後方にボールが落下する球史に残る珍プレーが発生。何度見てもおもしろい“笑撃”シーンをMLBネットワーク公式ツイッターが動画付きで紹介し、「これ、ゲームのバグじゃないの?」と全米のファンは目が点になっている。

 なぜ、彼は“捕れる顔”をしたのか。全米が目を疑った珍プレーを演じたのはナショナルズの外野手、ジェイソン・ワースだ。

 15日(日本時間16日)のドジャース戦。右翼の守備に就いていたワースにフライが飛んできた。映像では、打球方向を見上げながらこちら側を向き、捕球体勢に入っている。誰もが平凡なフライと思った。左手のグラブを掲げた。しかし、一瞬の間が……。何か、おかしい。そう思った次の瞬間だった。196センチの巨漢の後方に白い影が上から下に、まるで流れ星のように走った。

 そう、白い影の正体は白球だ。打者が打ったボールだった。ワースは捕球態勢に入りながら、実はフライを見失っていたのだ。にもかかわらず、完全に“捕れる顔”を見せていた。味方も敵も観客も、ある意味、全員を欺くプレー。しばらくフリーズしていたワースは後方で落下する音が聞こえたのか、なんとも悲しげな目を浮かべていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー