[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥が快挙! 米リング誌、WBSS決勝を「年間最高試合」選出 2年連続表彰の偉業

米ボクシング専門誌「ザ・リング」は23日(日本時間24日)、2019年の年間表彰を発表。11月7日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝(さいたまスーパーアリーナ)の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を「年間最高試合」に選出した。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

ドネア戦を「年間最高試合」に選出、昨年の「年間最優秀KO」に続く快挙

 米ボクシング専門誌「ザ・リング」は23日(日本時間24日)、2019年の年間表彰を発表。11月7日に行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝(さいたまスーパーアリーナ)の井上尚弥(大橋)―ノニト・ドネア(フィリピン)戦を「年間最高試合」に選出した。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 井上がまたも快挙だ。「ボクシングの聖書」と呼ばれる権威を持つリング誌。すでに年間表彰候補10部門を発表し、井上は最優秀選手賞、最高試合、最高ラウンド、最高イベントの最多4部門でノミネートされていた。同誌公式サイトでは10部門の受賞者を発表。「ファイト・オブ・ザ・イヤー(年間最高試合)」に選出されたのは「ドラマ・イン・サイタマ」と称される一戦だった。

 2回に右目の上をキャリアで初めてカットした井上。鼻骨と眼窩底骨折に加え、大流血を乗り越え、11回に強烈な左のボディブローでダウンを奪うなど終盤に強さを示した。新旧レジェンドが死力を尽くしたハイレベルのフルラウンドは文句なしの名勝負だった。直後から「年間最高試合」に推す声が海外から上がっていた。

 同誌のダグラス・フィッシャー編集長は試合直後の記事で「考えれば考えるほど、イノウエ対ドネア戦が2019年ファイト・オブ・ザ・イヤーと確信してくる」「序盤戦、5、6ラウンドではイノウエがドネアを押しつぶすように見えたが、ベテランは日本のスターを7、8、9回に崩壊させたかに見えた。しかし、深海で溺れるかに見えたイノウエが、10、11、12回にモンスターのような応酬を見せたのだった」とつづっていた。

 昨年はWBSS初戦フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)相手の鮮烈な70秒KO勝ちで、同誌の「年間最優秀KO」に選出されていた井上。今や、同誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で世界3傑にも選出されている。「ボクシングの聖書」から2年連続で表彰されるという偉業を成し遂げた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集