[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、挑戦者圧倒の貫禄V1 敵地メディアも脱帽「ワンサイドの論理的結末だ」

ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。敵地カナダメディアも「ワンサイドゲームの論理的な結末」と脱帽している。

村田諒太【写真:荒川祐史】
村田諒太【写真:荒川祐史】

バトラーの母国カナダ紙「勇敢な勝利者は強烈なパンチを顔面に叩き込んだ」

 ボクシングのトリプル世界戦が23日、神奈川・横浜アリーナで行われ、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)に5回2分45秒TKO勝ちし、初防衛に成功した。敵地カナダメディアも「ワンサイドゲームの論理的な結末」と脱帽している。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 5回に猛ラッシュを見せた村田。右ストレート、右フック、そして、左フックと強打を次々に着弾させ、バトラーをコーナーに沈めた。レフェリーが試合を止めてTKO勝ち。圧倒的な強さを見せつけた王者に、バトラーの母国カナダ紙「ジャーナル・デ・ケベック」は「スティーブン・バトラーがリョウタ・ムラタ戦で崩れ落ちた」と速報した。

 記事では「勇敢な勝利者は強烈なパンチを顔面に叩き込み、相手をマットに沈め、2連勝を味わった。非凡なコンビネーションの連続はワンサイドゲームの理論的な結末となった」と日本に乗り込んできた24歳の若き挑戦者を沈めた村田のコンビブローを称賛。敵地でも盤石な戦いぶりは評価されていた。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集