[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太戦へ、“隠密練習”のバトラーは総合格闘技ジムにいた 母国カナダ記者が証言

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の予備検診が20日、都内のホテルで行われ、全選手とも異常なしと診断された。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)と初防衛戦。強打同士の対決となる試合展開はどうなるのか。取材で来日したカナダの放送局「TVAスポーツ」のアンディー・マイリ―記者を直撃した。

村田諒太(右)【写真:浜田洋平】
村田諒太(右)【写真:浜田洋平】

「12.23」村田諒太VSバトラー、カナダ放送局記者「持っているものは似ている」

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の予備検診が20日、都内のホテルで行われ、全選手とも異常なしと診断された。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)と初防衛戦。強打同士の対決となる試合展開はどうなるのか。取材で来日したカナダの放送局「TVAスポーツ」のアンディー・マイリ―記者を直撃した。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 15勝12KO2敗でKO率70.6%の村田に対し、バトラーは28勝24KO1敗1分けでKO率80%を誇る。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから、愛称は「Bang Bang(バンバン)」だ。マイリー氏は、プロデビューした2014年3月の前からバトラーを取材してきた。挑戦者のスタイルを熟知し、両者の試合展開をこう予想する。

「2人ともパンチ力がある選手で、比較をするとそこに大差はないと思う。キャリアは違うが、体形も含め身長やスタイルなど持っているものは似ているね。そして、そのスタイルがリングでどう生きるかだ。ただ、一つ違うのはジャブ、それと防御。ムラタはガードが上手く、凄くパンチを受けられる選手。スティーブンはもちろんガード(の攻略)を勉強してきているが、そこのぶつかり合いがどうなるかが勝敗を分ける」

 今回の予備検診で村田は身長183.5センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲97.0センチ。挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)は身長181.8センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲91.0センチだった。胸囲以外は、ほぼ同じ。パンチ力の高い2人だが、村田の持つ鉄壁のガードには一目置いているようだ。

 マイリー氏は「メンタルもとても成熟している」とバトラーを評価。若くして妻と2人の子供を持つ挑戦者に「まだ24歳だが、年齢以上の成熟度がある。2人の子供がいて守るものがあるんだ。今回、子供は日本に来ていない。子供をカナダに置いてきて、妻が来ている」と明かした。遠く離れた地で応援する子供の存在が力になるという。さらに世界初挑戦に懸ける覚悟の強さを代弁した。

「子供のころからそこまで余裕があって育ったわけではなく、苦労も経験している。だから、そういうものも含めて凄く円熟味があるんだ。ボクシングに救われた人だから、ボクシングを凄く大事にしている。31戦目で24歳。若い選手だが経験もあるのが強いところ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集