[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太が予備検診 挑戦者バトラーとリーチが同じ190cmと判明「気にならない」

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の予備検診が20日、都内のホテルで行われ、全選手とも異常なしと診断された。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は身長183.5センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲97.0センチ。挑戦者の同級8位スティーブ・バトラー(カナダ)は身長181.8センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲91.0センチだった。

村田諒太(左)とスティーブ・バトラー【写真:浜田洋平】
村田諒太(左)とスティーブ・バトラー【写真:浜田洋平】

「12.23」村田諒太が初防衛戦、バトラーとともに異常なし

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の予備検診が20日、都内のホテルで行われ、全選手とも異常なしと診断された。WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は身長183.5センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲97.0センチ。挑戦者の同級8位スティーブン・バトラー(カナダ)は身長181.8センチ、リーチ190.0センチ、首回り39.0センチ、胸囲91.0センチだった。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 村田は7月に再戦したロブ・ブラント(米国)から王座奪還。昨年10月に米ラスベガスで行われた同王座2度目の防衛戦で敗れた相手に2回TKO勝ちで雪辱を果たした。通算3度目の防衛戦へ、村田は「凄くいいトレーニングができた。調整してリングに上がりたい。いい状態で練習できた。しっかり結果を残したい。期待してほしい」と意気込んだ。

 今年10月16日の試合発表会見以来、65日ぶりに挑戦者と対面し「(相手は)少し細くなったなというイメージ。いいコンディションだと思う。リーチは測り方で変わるので気にならない」と語った。

 バトラーは28勝24KO1敗1分け。弾丸のように次々とパンチを繰り出すことから「Bang Bang(バンバン)」と呼ばれ、KO率80%を誇る。世界初挑戦の24歳は「いいショーが見せられるという仕上がり」と自信たっぷり。「(村田とは)自分たちの体形、体格が似ていると以前から知っていた。パワー・スタイルも似ているので、どんな展開になっても対応できると思う。体調は万全なので、これまで以上に自分の強さを見せられると思う」と王座奪取を誓った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集