[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2019】池江璃花子へ、表彰台3人の“手のひらエール”に世界が感動「涙を流したいですか?」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は7月の世界水泳で白血病により、闘病中だった池江璃花子(ルネサンス)へ向け、海外のライバル3選手が送った粋な手のひらメッセージ。女子100メートルバタフライの表彰式で3選手が粋な演出で感動を誘った。その模様は海外で続々取り上げられ、反響を呼んだ。

池江璃花子【写真:Getty Images】
池江璃花子【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―7月の世界水泳で起きた感動の表彰台

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は7月の世界水泳で白血病により、闘病中だった池江璃花子(ルネサンス)へ向け、海外のライバル3選手が送った粋な手のひらメッセージ。女子100メートルバタフライの表彰式で3選手が粋な演出で感動を誘った。その模様は海外で続々取り上げられ、反響を呼んだ。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 ライバルであり、友である池江へ、表彰台から思いを込めた。女子100メートルバタフライ決勝の表彰式。優勝したマーガレット・マクニール(カナダ)を筆頭に、池江の最強のライバルで2位に入ったサラ・ショーストロム(スウェーデン)、3位のエマ・マキーオン(オーストラリア)の3人が突然、そろって手のひらをカメラにかざした。

 そこには「Rikako」「(ハートの絵文字)」「NEVER」「GIVE UP」「Ikee」「(ハートの絵文字)」と黒のマジックで書かれていた。池江は当時、白血病により病床にいた。特に、ショーストロムは昨年10月にトルコで共同合宿を行った間柄。池江が2月に病気を公表した際にはSNSに「涙が溢れている。私のありったけの力と愛を贈る」とエールを送っていた。

 激闘を繰り広げた直後に演じられた一幕は海外で大きな注目を浴びた。3位だったマキーオンの母国、オーストラリア水泳代表公式ツイッターは「女子100メートルバタフライのメダリストたちが感動的なジェスチャーで、日本人競泳選手のリカコ・イケエにメッセージを送る。ネバーギブアップ」とつづり、画像付きで紹介した。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集