[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米メディア選出の年間MVPに前進 中間発表で8人からファン投票で有力3人に

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝した井上尚弥(大橋)。米メディアでは2019年の年間最優秀ファイターの投票を開始。名だたる猛者8人の中に名前が挙がっていた「NAOYA INOUE」だが、投票開始からわずか6日で「今や3頭立てに」と中間発表。“年間MVP”の有力候補にモンスターが残っている。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

パッキャオ、ワイルダーらそうそうたる選手よりも上位に支持

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会で優勝した井上尚弥(大橋)。米メディアでは2019年の年間最優秀ファイターの投票を開始。名だたる猛者8人の中に名前が挙がっていた「NAOYA INOUE」だが、投票開始からわずか6日で「今や3頭立てに」と中間発表。“年間MVP”の有力候補にモンスターが残っている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

「2019年WBN年間最優秀ファイター賞で有力候補のトリオがラストスパート」と報じたのは米ボクシング専門メディア「ワールドボクシングニュース」だった。

 当初発表された候補者は8人いた。

 ウェルター級2団体統一王者のエロール・スペンス(米国)、カネロこと4階級王者のサウル・アルバレス(メキシコ)、6階級王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(英国)、WBSSスーパーライト級大会を制したジョシュ・テイラー(英国)、世界ヘビー級3団体王者に返り咲いたアンソニー・ジョシュア(英国)、WBC世界スーパーフライ級王者のフアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)という錚々たる選手とともに、井上が選出されていた。

 同メディアは投票開始から6日目で、中間発表を行った。記事では「英国のジョシュ・テイラーがカネロ・アルバレスとナオヤ・イノウエに挟まれ、3頭立てレースに変貌した」と報じている。

 現時点でトップはカネロ、2位はテイラー、3位は井上。「カネロは現時点で有力候補だが、テイラーとイノウエは素晴らしい勝機を依然として掴んでいる」と現状を分析。2019年ボクシング界のトップ3に残った井上。ここから大逆転を果たすことはできるのか。投票締め切りは現地時間の来年1月7日となっている。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集