[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、鼠径部打撲で負傷退場 開幕25戦連続先発も9戦ぶり1桁得点、チームは連敗脱出

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が16日(日本時間17日)の敵地ピストンズ戦に開幕25試合連続でスタメン出場。前半は7得点、2リバウンドをマークしたが、前半終了間際のリバウンド時に負傷。ウィザーズの公式ツイッターは鼠径部の打撲と発表した。9試合ぶりに2ケタ得点を逃し、試合はウィザーズが133-119で連敗を4で止めた。

ピストンズ戦に先発出場した八村塁【写真:Getty Images】
ピストンズ戦に先発出場した八村塁【写真:Getty Images】

敵地ピストンズ戦の前半終了間際に負傷、2ケタ得点は8戦連続でストップ

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が16日(日本時間17日)の敵地ピストンズ戦に開幕25試合連続でスタメン出場。前半は7得点、2リバウンドをマークしたが、前半終了間際のリバウンド時に負傷。ウィザーズの公式ツイッターは鼠径部の打撲と発表した。9試合ぶりに2ケタ得点を逃し、試合はウィザーズが133-119で連敗を4で止めた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 第2クォーター(Q)残り25秒、八村はディフェンスリバウンドで他の選手とコンタクトがあり、着地直後にコートにうずくまった。チームメイトが駆け寄る中、痛みをこらえる表情を見せた背番号8。立ち上がってプレーを続行したが、その後も苦しそうなような表情を見せていた。

 ウィザーズは公式ツイッターで「故障の最新情報:鼠径部の打撲ルイ・ハチムラは今夜の試合の残りは出場しない」と発表し、後半は出場せず。全試合先発でチームに不可欠な存在となっていた黄金ルーキーが思わぬアクシデントに見舞われた。

 前半、八村は昨シーズンまでウィザーズでプレーしていたマーキーフ・モリスとマッチアップ。第1Q序盤からオフェンスリバウンドを拾うと、そのままダンク叩き込む。得意のミッドレンジジャンパーを沈めるなど、オフェンスで上々の滑り出しを見せた。しかし、デイフェンスでは今季41.4%の3P成功率を誇るモリスに、オープンで3Pを打たせ、目を離した隙を突かれ背後にカットを許すなど苦戦した。

 それでも、ブラッドリー・ビールとのコンビネーションからゴール下を果敢に攻めた。相手のブロックが見えると、スムーズな動きでそれをかわしながらレイアップでゴール。さらにファウルを誘発し、フリースローも成功させた。開始から6分も経たずして7得点を記録したが、前半終了間際によもやの負傷退場。チームにとって痛いアクシデントだった。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集