[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁15得点、初センターで見せた自在性 「僕はどこでもできるスタイル」と強調

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が3日(日本時間4日)の本拠地マジック戦に開幕19試合連続でスタメン出場。この日は自身初のセンターで先発し、15得点、6リバウンドとともに自己最多となる4アシストをマーク。チームは120-127で前回対戦で121-125で敗れた同地区の相手にまたも手痛い敗戦。3連敗となった。

八村塁【写真:AP】
八村塁【写真:AP】

故障者続出でセンターで初スタメン「違うポジションでやって勉強になった」

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が3日(日本時間4日)の本拠地マジック戦に開幕19試合連続でスタメン出場。この日は自身初のセンターで先発し、15得点、6リバウンドとともに自己最多となる4アシストをマーク。チームは120-127で前回対戦で121-125で敗れた同地区の相手にまたも手痛い敗戦。3連敗となった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 NBA初のポジションでも臆することはなかった。ファーストユニットのセンター、トーマス・ブライアントとセカンドユニットのセンター、モリツ・ワグナーが怪我により欠場し、初めてセンターで先発した八村。第1Qこそなかなかリバウンドを拾えず、リズムを掴めなかったものの、時間とともに適応。攻守で存在感を発揮した。

 速攻からの豪快な両手ダンクを含め、15得点をマーク。6リバウンドも記録し、4アシストは自己最多となった。しかし、試合は7点差で惜敗。八村は「怪我人が5人くらい出てしまい、センターもいない状態で試合をやった。けど、勝ちに行って、アグレッシブに行った。相手の変なシュートが決まったりして、惜しい試合になった」と悔しがった。

 それでも、八村が持つオールマイティーな能力を見せた。センターで出場したことについて「久しぶりにセンターでやったけど、僕はどこでもできるプレースタイル」と強調。「違うポジションでやって勉強になった。チームとして続く可能性あるので、今日の試合でダメだったところをすぐ見直したい」とさらにプレーの質の改善を誓った。

 徐々に経験を積み、チームとの連携も取れ、落ち着いたプレーを見せている背番号8。「20試合近くやって、いろいろ経験している。どういうところでパスをする、得点をするとか、ディフェンスも含め、少しずつNBAのバスケにも慣れてきている。自分はいろんなポジションでやれる選手なので、学べること多い」。試合ごとに逞しさを増すルーキーは、まだ進化の途中だ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集