[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

34失点は「多すぎた」 完敗初黒星のおりひめJ、守備のキーは“敵の締め出し”

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は3日、D組の1次リーグ第3戦(パークドーム熊本)で同19位のスウェーデンと対戦し、26-34で今大会初黒星を喫した。2勝1敗の勝ち点4で6チーム中3位。1次リーグ突破を目指し、5日に世界ランク2位のロシア、6日に同20位の中国と対戦する。

塩田沙代(5)はスウェーデンについて「ゴリゴリ来て受け身になった」と反省した【写真:荒川祐史】
塩田沙代(5)はスウェーデンについて「ゴリゴリ来て受け身になった」と反省した【写真:荒川祐史】

2勝1敗で6チーム中3位、5日はリオ五輪金メダルのロシア戦

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表は3日、D組の1次リーグ第3戦(パークドーム熊本)で同19位のスウェーデンと対戦し、26-34で今大会初黒星を喫した。2勝1敗の勝ち点4で6チーム中3位。1次リーグ突破を目指し、5日に世界ランク2位のロシア、6日に同20位の中国と対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 開始から3連続得点でリードするなど上々の立ち上がりだったが、徐々に差を詰められた。6-5の前半13分。パスカットを許し、そのまま速攻を受けて同点に。さらに全員攻撃で相手陣内に迫ったが、ゴールを決め切れず、相手ゴールキーパーがキャッチしたボールをそのまま無人の日本ゴールに投げ込んで逆転を許した。以降は一度もリードを奪えず、「おりひめJAPAN」は前回17年大会4位のスウェーデンに完敗した。

 身長180センチ台の選手ばかりのスウェーデン。フィジカルを生かした突破力を見せ、ゴールを量産した。塩田沙代は「ラインコントロールをもうちょっとするべきだった。システムで守るべき」と唇をかみ、「60分間通して20番の選手がシュートよりパスさばきが上手。一人で止めるのは難しい」と振り返った。相手センターバックに司令塔としての役割を存分に発揮させてしまった。塩田は続けた。

「最初の10分くらいで相手の調子とか、誰がキーになるか見極めようとしていた。その後で相手がゴリゴリ来て受け身になった。それをカバーできずにズルズルいってしまった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集