[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、大声援の裏に父の教え 優勝&賞金女王より「人を喜ばせることが大事」

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、5アンダーの5位で終えた賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)が女王争いを制した。あと一歩で最年少女王を逃した渋野。見守った父・悟さんは「大事なのはギャラリーさんを喜ばせること」などとねぎらった。

渋野日向子【写真:荒川祐史】
渋野日向子【写真:荒川祐史】

渋野は賞金女王逃す、高まる来年の期待に父「今年はハードルを上げすぎた」と気遣う

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は1日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位と2打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子(RSK山陽放送)は通算7アンダーで2位タイ。逆転賞金女王へ単独2位以上の最低条件をクリアできず、5アンダーの5位で終えた賞金ランクトップの鈴木愛(セールスフォース)が女王争いを制した。あと一歩で最年少女王を逃した渋野。見守った父・悟さんは「大事なのはギャラリーさんを喜ばせること」などとねぎらった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 最後まで大ギャラリーを引き連れた。無数の「しぶこちゃん、頑張れ!」という声援を受けた21歳。ネーム入りのタオルを掲げる人、近くで応援しようと走って移動する人、コース間でハイタッチを待つ小さな女の子。大観衆の中心に渋野がいた。コースロープの外では、父・悟さん、母・伸子さんが、劇的な環境の変化を受け入れる愛娘を見守っていた。

 期待に応えられなければ、ストレスになることもあっただろう。だが、8月の全英女子オープンを制して以降、オンとオフの切り替えのうまさで乗り切ってきた。気持ちの切り替えは、ソフトボールで培ってきた。悟さんは「ソフトをやっていた時からですね。(投手として)打たれた後に『切り替えなきゃいけないぞ』とは言っていた。ここで役に立つのかと思いました」と明かす。

 17年のプロテスト不合格。今季はツアー本格参戦1年目のルーキーだった。5月に初優勝すると、そこから快進撃。8月に日本人42年ぶりの海外メジャー制覇を果たすと、“しぶこフィーバー”の社会現象を巻き起こした。否が応でも注目を受ける。最後まで女子ツアーの中心で戦い抜き、来年は東京五輪。さらなる期待が生まれるだろう。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集