[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、大声援の裏に父の教え 優勝&賞金女王より「人を喜ばせることが大事」

母・伸子さんは“しぶこフィーバー”に「凄く成長させていただいている」

 父はそんな21歳の次女を「今年はハードルを上げすぎました」と気遣う。「今年を超えるのはしんどいでしょう。一度リセットして、一からやっていけばいいのかなと思います」と続けた。母・伸子さんも「凄く成長させていただいている。期待しすぎずに見守っていきたい」と、温かい目で表彰式に出席した娘を見つめた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 渋野が全英女子オープンで優勝して以降、女子ツアーは毎週のように「大会最多」の観客動員だった。今大会最終日も昨年より2879人多い8580人が来場し、 宮崎CC開催となった03年以降では大会最終日の最多を更新。「優勝で恩返ししたい」と意気込んで臨んだ渋野は目標を叶えられなかったが、間違いなくファンを喜ばせた。これ以上ないプロ意識の高さには、父の教えがあったようだ。悟さんは言う。

「大事なのは勝つとか、賞金女王とかではないと思っています。ギャラリーさんを喜ばせること。こんなにたくさんの人に来ていただいて、ありがたいことです」

 優勝、そして賞金女王を娘が逃した直後、報道陣の取材に対応。15人ほどに囲まれたため、質問に答えやすいように段の上に乗って話した。取材を終えると「来年もよろしくお願いします。高いところから失礼しました」と深々と記者に頭を下げた。高さはわずか10センチほどしかなかった。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集