[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

親友対決でV 全米OP決勝、「18秒の抱擁」に世界が感動「涙なしに見られない」

テニスの全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス決勝で世界ランク83位のスローン・スティーブンス(米国)がマディソン・キーズ(米国)を6-3、6-0のストレートで破り、足の手術を乗り越えて四大大会初優勝を飾った。米国勢対決は親友同士の一戦となり、試合後は18秒間に渡って熱く抱擁。大会公式ツイッターは「ネット越しの美しき瞬間」と紹介し、世界のファンから「涙なしには見られない」と感動の声が広がっている。

スティーブンスが1年戦線離脱、934位から四大大会初V「信じられないような旅だった」

 テニスの全米オープンは9日(日本時間10日)、女子シングルス決勝で世界ランク83位のスローン・スティーブンス(米国)がマディソン・キーズ(米国)を6-3、6-0のストレートで破り、足の手術を乗り越えて四大大会初優勝を飾った。米国勢対決は親友同士の一戦となり、試合後は18秒間に渡って熱く抱擁。大会公式ツイッターは「ネット越しの美しき瞬間」と紹介し、世界のファンから「涙なしには見られない」と感動の声が広がっている。

 マッチポイント。キーズのショットがネットにかかると、スティーブンスは一瞬、感情を失ったかのように立ち止まった。自身初の四大大会制覇。夢が現実となったことを実感するまで数秒の時間を要した。しばらくしてようやく表情に笑みが浮かぶと、ガッツポーズ。そして、ネットに向かって走り出し、栄冠を争ったキーズと向かい合う。健闘をたたえ合うように抱きしめ合った。

 お互い目を閉じ、言葉を交わし続けた。観客からスタンディングオベーションが起こる中、過ごした2人だけの時間。18秒間に渡って熱く抱擁を交わし、歓喜の瞬間を一緒に共有した。

 スティーブンスは1月に手術を受け、1年にわたって戦列を離れていた。今年8月7日付けの世界ランキングは934位。復活を果たしての優勝だけに格別だった。「アメリカ人同士、親友同士での対戦」と報じた大会公式サイトの記事では、両者が感動シーンを回想。スティーブンスは「マディーに言ったの、私は今まさに引退すべきだわって」と明かし、こう続けた。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集