[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリの体重超過にロドリゲスは何を思う 怒り心頭「これはお金の問題ではない」

ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)をオーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。再計量には臨まず、金銭で解決しようとした元王者に対してロドリゲスが怒りを爆発させている。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

自身はきっちりウェートを作ったロドリゲスはネリに対して怒りをあらわに

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)をオーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。再計量には臨まず、金銭で解決しようとした元王者に対してロドリゲスが怒りを爆発させている。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 MGMグランドでの前日計量。引き締まった肉体を披露したロドリゲスは秤の上で泰然自若の様子を貫いた。そして、リミットの118ポンド(約53.5キロ)でクリアすると、自信に満ちた表情で、両腕をパンプアップした。

 続いて登場したのはネリ。落ち着かない様子で秤に乗ると、両手を上げながらもどこか自信なさげな表情。あっという間に秤から降りると、係員からもう一度上がるように指示された。

 背後で半腰になるロドリゲス陣営のトレーナー、ウィリアム・クルーズ氏が半笑いで目方を覗き込む中、ネリの1ポンドオーバーがアナウンスされた。それでも、計量後のフェイスオフは実現。ネリを目の前に闘志を見せたプエルトリカンだが、金銭での解決策は拒否し軽量級注目のマッチアップは実現しなかった。

 記事によるとロドリゲスは「彼らは1ポンドの超過に対して金を支払うことを望んでいた。我々はそれを受け入れなかった」と語っているが、プロボクサーとしての誇りの問題だという。

「これはお金の問題ではない。我々が捧げてきた犠牲にこそ、価値を見出している。WBC王者のエリミネーターで、ウェートに準じる責務がある。ラスベガスに到着してからというものの、ネリが随分と重い状態だと聞いていた。これは我々の問題ではない。本当に嘆くべき事態だ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集