[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山口茜、17歳次世代スター候補・郡司莉子に苦戦「お手本であり続けたい」 相手は脱帽

第73回全日本総合バドミントン選手権大会は、28日に各種目の3回戦を行い、3連覇を狙う女子シングルス世界ランク4位の山口茜(再春館製薬所)は、2-1(20-22、21-18、21-15)で世界ジュニア選手権女王の郡司莉子(八代白百合学園高)を破り、準々決勝進出を決めた。山口は「1本目のラリーでゆっくりし過ぎて、相手のスピードに合わせてしまい、相手がエースショットを打ちやすい場面が多くなってしまった。(1ゲーム目を)取られたけど、焦りは、特になかった。2ゲーム目から少しスピードを上げて、ファイナルゲームは出だしで積極的にいけた」と落ち着いた表情で話したが、高校2年生に1ゲーム目を奪われる思わぬ展開となり、ファンは肝を冷やした。

準々決勝進出を決めた山口茜【写真:平野貴也】
準々決勝進出を決めた山口茜【写真:平野貴也】

全日本選手権女子シングルス3回戦の注目対決は山口に軍配

 第73回全日本総合バドミントン選手権大会は、28日に各種目の3回戦を行い、3連覇を狙う女子シングルス世界ランク4位の山口茜(再春館製薬所)は、2-1(20-22、21-18、21-15)で世界ジュニア選手権女王の郡司莉子(八代白百合学園高)を破り、準々決勝進出を決めた。山口は「1本目のラリーでゆっくりし過ぎて、相手のスピードに合わせてしまい、相手がエースショットを打ちやすい場面が多くなってしまった。(1ゲーム目を)取られたけど、焦りは、特になかった。2ゲーム目から少しスピードを上げて、ファイナルゲームは出だしで積極的にいけた」と落ち着いた表情で話したが、高校2年生に1ゲーム目を奪われる思わぬ展開となり、ファンは肝を冷やした。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 しかし、格の違いは明らかだった。何よりも力量差を痛感したのは、ネットを挟んで対峙した郡司だ。郡司は、憧れの選手に山口の名を挙げる高校2年生。今季は、夏にインターハイ(全国高校総体)を制し、10月には、かつて山口も制した世界ジュニア選手権で初優勝を飾った。

 現在、世界ランク3位の奥原希望(太陽ホールディングス)や山口がけん引している女子シングルスの次世代スター候補だ。山口も「相手は、上からのショットは、球が速くて強い。打ち分けというか、ストレート、クロスの両方がある分、張り辛い部分もある」と光る物を認める逸材だ。郡司は、第1ゲームこそ、憧れの選手との対戦であることや、大人の観衆が多い会場の雰囲気にのまれて緊張したというが、次第にエネルギッシュなスマッシュやクリアといった持ち味を発揮。得点を重ねていった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集