[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山口茜、17歳次世代スター候補・郡司莉子に苦戦「お手本であり続けたい」 相手は脱帽

山口と接戦を演じた郡司莉子【写真:平野貴也】
山口と接戦を演じた郡司莉子【写真:平野貴也】

17歳の次世代スター候補は脱帽「最初は決まっていた球が、通用しなかった」

 ただし、ゲームの主導権を握れているわけではなかった。郡司は「相手のミスで点を取っていることは分かっていた」と振り返る。はじめは、山口のショットに驚くような表情を見せたり、ミスを悔しがったりと試合を楽しむ明るい表情を見せていたが、第2ゲームの中盤以降は、明らかに困惑。ラリーで振り回されるようになり、みるみるうちに疲弊していった。ファイナルゲームでは、なす術なし。力の差を思い知らされた。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 郡司は「最初は決まっていた球が、2、3回打つと(予測されて)張られていて、通用しなかった。ジュニア世代では少し別の球を打ってから打てば決まるけど、対応力が違って、途中から何を打てば良いか分からなくなった。スピードを上げたけど、相手も上げてきているから、逆にこっちの動きを見て、スピードを上げようとする動きの逆を突かれる」と脱帽するしかなかった。

 まだまだ、次世代に追いつかれるわけにはいかない。山口もまだ22歳と若い。2020年東京五輪のメダル候補でもある。夏以降はコンディションが万全ではない印象だが、1年間の通算成績上位8名が出場するBWFワールドツアーファイナルズ(12月、中国・広州)への出場も決まっており、世界トップの舞台で戦い続けなければならない。山口は「自分は憧れとかがなかったので(相手が自分に憧れていると聞かされても)よく分からないけど、お手本であり続けられるようなプレーは、していかないといけないと思う」と話した。後進の目標となりつつ、世界の舞台へ弾みをつけるため、全日本3連覇を目指す。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集