[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、6得点6リバウンドでチームの連敗ストップに貢献 4戦ぶりに第4Qもプレー

米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が27日(日本時間28日)の敵地サンズ戦に開幕16試合連続でスタメン出場。ロード4連戦の2戦目に31分間出場し6得点、6リバウンド、2ブロックをマーク。チームは140-132で勝利し、連敗を2で止めた。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

ロード4連戦の2戦目、サンズ戦で16試合連続のスタメン出場

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズの八村塁が27日(日本時間28日)の敵地サンズ戦に開幕16試合連続でスタメン出場。ロード4連戦の2戦目に31分間出場し6得点、6リバウンド、2ブロックをマーク。チームは140-132で勝利し、連敗を2で止めた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 前日のナゲッツ戦に続き、バック・トゥ・バックでサンズと対戦したウィザーズ。巻き返しを狙った八村だったが、第1クォーター(Q)は相手にチャンスを与えてもらえず。ブラッドリー・ビールとのピックアンドロールとみせてスリップしてボールを要求するも、ビールにダブルチームで対応してきたサンズディフェンスを前に、パスを通すことができない。

 結局フィールドゴールを1本放つにとどまった八村は第1Q無得点。これは6日のペイサーズ戦、17日のマジック戦に続いて今季3試合目だった。それでも、この日のウィザーズは前日(26日)とうって変わって3Pシュートが絶好調。第1Qでは5本すべてを沈めた。

 第2Q残り6分53秒からコートに戻った八村。フランク・カミンスキーのシュートに対応。今季2本目となるブロックを記録した。その後もリッキー・ルビオのオフェンシブファウルを誘うと、イシュ・スミスのアシストからダンクを叩き込んだ。再びダンクを狙った場面でデビン・ブッカーのブロックに合い、しばらくフロアから起き上がらず、周りをヒヤリとさせたもののその後もプレー続行。チームはサンズとのハイスコアリングゲームを74-69とリードして試合を折り返した。

 ウィザーズは第3Q開始からエンジン全開。この日、好調の3Pを中心に攻め立て、最大21点差のリードを得る。しかし好調のチームとは裏腹に波に乗れない八村はゴール下を強引に攻めるもシュートがリングを通過しない。それでも果敢にブロックを試みるなど、スコット・ブルックスHCが前の試合におけるチーム全体の反省点に挙げていたフィジカルなプレーで、チームに貢献しようとする姿が見られた。

 その姿勢が実ったのが第3Q残り3分16秒。トーマス・ブライアントのパスに反応してゴール下でボールを受けると、ダリオ・サリッチのディフェンスを弾き飛ばしで豪快なダンクを決め、雄叫びをあげた。

 ここ3試合第4Qは出番がなかった八村だが、この日は最後までコートに立ち続けた。8試合ぶりに出場時間が30分を超え、チームの連敗ストップに貢献した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集