[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私には理解できない」「才能を台無しに」 ネリの愚行に海外記者から続々嘆きの声

ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミットを1ポンド(約450グラム)オーバー。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が実施を拒否し、試合はキャンセルになった。体重超過を繰り返す悪童は各方面から批判を集めているが、海外の専門家の中には「未来のパウンド・フォー・パウンド(PFP)キングのはずが、才能を台無しに」とだらしなさを惜しむ声も出ている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

素質は誰もが認めるが…「今や才能を台無しにする瀬戸際だ」

 ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミットを1ポンド(約450グラム)オーバー。一発クリアした元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が実施を拒否し、試合はキャンセルになった。繰り返される体重超過に各方面から批判を集めているが、海外の専門家の中には「未来のパウンド・フォー・パウンド(PFP)キングのはずが、才能を台無しに」とだらしなさを惜しむ声も出ている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 FOXのPPVで生中継予定だったロドリゲス戦を自らの怠慢で壊す格好となったネリ。元王者・山中慎介との2度のタイトルマッチでドーピング違反と計量超過を繰り返し、7月のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦でも1回目の計量をクリアできず、再計量に臨んでいた。

 またしてもオーバーしたネリは再計量を命じられたが、1ポンドを落とす努力を選ばず、金銭面の交渉に入り、ロドリゲスから拒否されていた。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」のジェイク・ドノバン記者はツイッターで「ただただとんでもない。ネリは2016年のボクシングシーン年間最優秀プロスペクトだった。私もかつて、未来のPFPキングとみなしていた。今や才能を台無しにする瀬戸際だ」と嘆いていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集