[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の「ネリ追放」意見に米メディア反応「追放には十分と感じているようだ」

前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。度重なる問題児の騒動に、WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が自身のツイッターで「ボクシング界から追放でいい」などと投稿。これを受け、米専門メディアが井上のツイートを報じている。

ルイス・ネリ(左)と井上尚弥【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ(左)と井上尚弥【写真:Getty Images】

計量失格のネリに井上尚弥が怒りツイート、米専門メディアが投稿を引用

 前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が、前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との挑戦者決定戦が中止となった。度重なる問題騒動に、WBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)が自身のツイッターで「ボクシング界から追放でいい」などと投稿。これを受け、米専門メディアが井上のツイートを報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 日本時間23日、ネリの体重超過のニュースが世界に発信された。井上はネリ戦中止決定からほどなく、ツイッターを更新。「ネリどうしようもねぇな、、また計量失格」と切り出すと「こんな奴にゴタゴタ言われたくない。ボクシング界から追放でいい」と記した。常に紳士的で冷静な井上にしては珍しく、怒りを露わにした文面だった。ネリを巡っては本人、陣営を含め、今後の対戦候補に挙がる井上に対して再三、挑発していた。

 今や世界を席巻する日本のモンスター。井上のツイートに反応したのは、米専門メディア「ボクシングニュース24」だった。「ナオヤ・イノウエはネリがボクシング界から追放されることを願っている」の見出しで記事を掲載。ツイートされた井上のコメントを引用し、さらにこう記した。

「イノウエは、この件はネリを追放するには十分だと感じているようだ。なぜなら、過去2年間において、他の2試合でも体重オーバーしたことがあるからだ。トータルでネリは過去9試合の内、3試合で体重オーバーしている」

 ネリには“前科”があった。18年3月の山中慎介戦で大幅に体重を超過し、試合前にWBC王座を剥奪された。今年7月の元WBAスーパー王者フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦でも1度目の計量でオーバーした末に再計量をクリア。今回のロドリゲス戦で2戦連続でオーバーとなり、常習犯とされている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集