[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、涙のSPから会心のフリー 女王の意地にタラソワ氏感動「何て偉い子なの!」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯の女子は16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が優勝。GPシリーズで連勝を飾り、GPファイナル(12月5日開幕・イタリア・トリノ)進出を決めた。一方で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は銅メダル。こちらもGPファイナルの出場権を得た。年下の才能に押され気味の五輪女王だが、素晴らしい演技を見せたと、ロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は絶賛している。

アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

NHK杯で3位、GPファイナル出場を決めたザギトワに現地メディア賛辞

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯の女子は16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が優勝。GPシリーズで連勝を飾り、GPファイナル(12月5日開幕、イタリア・トリノ)進出を決めた。一方で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は3位。こちらもGPファイナルの出場権を得た。年下の才能に押され気味の五輪女王だが、素晴らしい演技を見せたとロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は絶賛している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 女王の座に恥じぬスケーティングだった。クレオパトラを演じたフリーは、すべてのジャンプを成功させる完璧な演技。シーズンベストの151.15点は紀平の151.95点に肉薄。ショートプログラム(SP)の4位から巻き返し、見事にファイナルの切符を掴み取った。

 ロシアメディア「gazeta.ru」ではザギトワの演技に言及。SPでは「涙をこらえることができなかった」としつつ、フリーでは「17歳はシーズンベストとなる151.15点を獲得した。そして、かなり重要なのはウルトラCエレメンツがないのにもかかわらずフリーの得点においてほとんどキヒラに追いついたということだ……」と紀平の3回転アクセルような絶対的な武器がなくとも、高得点を出した女王の意地に称賛を送っている。

「専門家やファンたちの考えによると、ザギトワはスケートの信じ難いほどの美しさを見せることができたという。彼女は出場選手の中で最も高い構成点を獲得した」と伝え、国際スケート連盟(ISU)のSNSが「この笑顔! この動き! アリーナ・ザギトワがハートを盗んだ!」と絶賛したことを紹介している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集