[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗「来年も日本のエースとして」 全日本連覇に意欲「全力で勝ちに行きたい」

第73回全日本総合バドミントン選手権大会は25日、開幕前日会見を行い、男子シングルスで連覇を狙う桃田賢斗(NTT東日本)は「(12月には)BWFワールドツアーファイナルズもあるし、以降も日本のエースとして大会に挑めるかどうか、試合に挑む自信にも影響して来る。全力で勝ちに行きたい」と意気込みを語った。

前日会見で意気込みを語る桃田賢斗【写真:平野貴也】
前日会見で意気込みを語る桃田賢斗【写真:平野貴也】

全日本選手権の前日会見で意気込み

 第73回全日本総合バドミントン選手権大会は25日、開幕前日会見を行い、男子シングルスで連覇を狙う桃田賢斗(NTT東日本)は「(12月には)BWFワールドツアーファイナルズもあるし、以降も日本のエースとして大会に挑めるかどうか、試合に挑む自信にも影響して来る。全力で勝ちに行きたい」と意気込みを語った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 全日本総合は、日本で最も権威のある大会だ。来季の日本代表選考の対象にもなる。桃田をはじめ、現在の日本A代表は、世界ランク上位のため、BWFワールドツアーの上位大会等に自力で出場することができるが、A代表から外れた場合は、以降の五輪レースは自費派遣となる。国のバックアップを受けるためにも、日本最強の自負を持つためにも、勝利が求められる。

 桃田は、今季の国際大会で10勝を挙げるなど、好調だ。ハードスケジュールの中でも結果を残し続けている。直近の優勝は、11月1週の福州・中国オープン。翌週の香港オープンにも出場を予定していたが、コンディションを考慮して棄権。全日本総合と、世界選手権に次いで五輪レースのポイントが高い「BWFワールドツアーファイナルズ」(12月2週、中国・広州)に向けた調整に入っていた。

 国内で調整期間を取れたこともあり、桃田は「香港オープンは、疲労も溜まっていたし、その後に勝ちたい大会が続くので棄権させてもらい、チームでしっかりと休養を取らせてもらった。大会が始まるとなかなかできない基礎練習をすることもでき、今の調子は、すごく良い」と好調をアピールした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集