[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「愛せるものが勉強と柔道」 朝比奈沙羅、代表落選の裏で貫いた文武両道の“美学”

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の最終日が24日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子78キロ超級は18年世界選手権女王・朝比奈沙羅(パーク24)が銅メダルとなった。ライバルの素根輝(環太平洋大)が優勝し、わずか1枠の代表権を獲得。朝比奈の東京五輪出場の夢は散ったが、努力の裏には医学との文武両道を貫く23歳の“美学”があった。

朝比奈沙羅【写真:Getty Images】
朝比奈沙羅【写真:Getty Images】

医学と柔道、両立させる朝比奈沙羅「人に勉強しないといけないと言うつもりはない」

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の最終日が24日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子78キロ超級は18年世界選手権女王・朝比奈沙羅(パーク24)が銅メダルとなった。ライバルの素根輝(環太平洋大)が優勝し、わずか1枠の代表権を獲得。朝比奈の東京五輪出場の夢は散ったが、努力の裏には医学との文武両道を貫く23歳の“美学”があった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 しっかりと投げられた。優勝が必要な朝比奈は、ソウザ(ブラジル)との準々決勝。残り38秒だった。足を取られ、豪快に肩から叩きつけられる。審判の手が上がった。大外巻込で一本。仰向けに天井を見上げ、畳についた背中は縫いつけられたようになかなか離れない。ゆっくりと起き上がり、相手の勝ち名乗りを聞いて深々と礼をした。夢が大きく遠のいた瞬間だった。

「思い切り投げられて負けた。(けがで)2週間しか練習できなかったので、それを考えたらよくやったと思う。やれることはやってきた。でも、金メダルじゃないと合格点はあげられない」

 五輪は男女7階級で出場権は各階級1人。今夏の世界選手権優勝者が今大会を制し、強化委員会で3分の2以上の賛成を得られれば五輪に内定する。女子78キロ超級では、今夏の世界女王の素根が優勝すれば、代表内定の可能性が高まる状況だった。朝比奈は敗者復活戦の末に3位決定戦で勝利。意地を見せたが、素根が初優勝をもぎ取り、強化委員会の満場一致で代表に内定した。朝比奈はライバル対決で3連勝後に直近5連敗。19歳の成長ぶりを見せつけられていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集