[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ネリはランキングから外す」 批判殺到の問題児にWBC会長も怒り心頭…独占直撃

ルイス・ネリ(メキシコ)の悪夢再び――。元WBC世界バンタム級王者のネリが前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が罰金を受け取った上での規定体重外での対戦に応じなかったため、23日、ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで開催予定だったWBC世界バンタム級挑戦者決定戦はキャンセルとなった。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

現地で取材したライター杉浦大介氏がスライマン会長を直撃

 ルイス・ネリ(メキシコ)の悪夢再び――。元WBC世界バンタム級王者のネリが前日計量で規定の118ポンド(約53.5キロ)を1ポンド(約450グラム)オーバーし、前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が罰金を受け取った上での規定体重外での対戦に応じなかったため、23日、ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで開催予定だったWBC世界バンタム級挑戦者決定戦はキャンセルとなった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 結果として、FOX PPVで生中継予定だった好カードは消滅。約束された報酬が手にできず、本人、陣営ともに大きな金銭的ダメージを被るにもかかわらず、中止を決めたロドリゲスの決断には称賛が集まっている。一方、体重超過を繰り返すネリへの批判の声はもちろん鳴り止まない。この稀代の問題児に対し、WBCはどう対処するのか。

 23日、WBCのマウリシオ・スライマン会長が筆者との独占インタビューに応じ、ネリに対する思いと現時点での方向性を語った。

 ◇ ◇ ◇

――ネリがバンタム級の体重を作れなかったことで、WBC世界バンタム級挑戦者決定戦はキャンセルとなりました。この状況をどう考えますか?

「指名挑戦者を決めるための試合が行われないことになってしまいました。この顛末は大きな驚きです。ネリはもうバンタム級の身体は作れないということ。WBCはこれ以上、ネリがバンタム級で戦うことを許可するつもりはありません。これから先にどんなステップを踏むか、私たちも話し合わなければなりません」

――ネリの体重超過はこれが初めてではありません。WBCから何らかの処分を科す意向でしょうか。

「現時点で言えるのは、私たちはネリをバンタム級のランキングから外すということ。この件はWBCの懲戒委員会とWBC議会にかけられ、そこで判断するつもりです。前回(2018年3月の山中慎介(帝拳)戦は5ポンドのオーバーでしたが、今戦では1ポンドのオーバーということで、状況は少し違います。今回、ネリはもうこれ以上は体重を落とせなかった。つまりバンタム級で戦うのは無理なのです。こんな結果になって、私もとても悲しく感じています」

――あなたの個人的な感情としては、どんな思いがありますか?

「とても驚いているし、非常に残念です。日本で大きな問題を起こした後も、私たちは彼をサポートしてきました。彼は栄養士を雇うようになり、体重調整はもう問題ないと確約していたのです。その後にこんなことが起こってしまいました」

1 2 3

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集