[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花は「4回転習得するべき」 タラソワ氏が指摘「コストルナヤと競うには…」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯の女子は16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が優勝。昨季のGPファイナルの覇者・紀平梨花(関大KSFC)、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑え、GPシリーズで連勝を飾り、堂々のGPファイナル進出を決めた。現地メディアで解説を務める重鎮タチアナ・タラソワ氏はコストルナヤの3回転アクセルを、紀平のものより上と評価し、「コストルナヤと競うにはキヒラは4回転を習得する必要がある」とまでコメントしている。

紀平梨花【写真:AP】
紀平梨花【写真:AP】

露メディアがNHK杯を回想、コストルナヤの3Aは「ウルトラCレベル」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦NHK杯の女子は16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が優勝。昨季のGPファイナルの覇者・紀平梨花(関大KSFC)、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑え、GPシリーズで連勝を飾り、堂々のGPファイナル進出を決めた。現地メディアで解説を務める重鎮タチアナ・タラソワ氏はコストルナヤの3回転アクセルを、紀平のものより上と評価し、「コストルナヤと競うにはキヒラは4回転を習得する必要がある」とまでコメントしている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 美しき16歳が、美しく力強い演技で札幌の観衆を魅了した。ショートプログラム(SP)で歴代最高得点を叩き出した才女はフリーでもほぼ完壁な演技で、合計240.00点をマーク。紀平に約8点差をつけて、NHK杯を制した。

 母国メディア「gazeta.ru」もGPシリーズ最終戦を振り返り、コストルナヤの演技にフォーカスしている。

 記事では同じく今季からシニアデビューしGPシリーズ連勝を飾ったアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワと比較し、「コストルナヤがトルソワやシェルバコワと主な違いは、彼女は今のところ現代のフィギュアスケートにおいて最も難しいエレメンツである4回転ジャンプを跳べないというところだ。しかし、彼女の武器の中には、4回転ジャンプより点数は低いもののウルトラCレベルの3回転アクセルがある」と4回転こそ跳ばないものの、絶対の武器とする3回転アクセルがあると評している。

 さらにNHK杯での演技にも触れ、紀平との“差”にも言及している。

「アリョーナはNHK杯のSPを世界新記録で勝ち、クリーンに3回転アクセルを跳んだ。フリーでの3回転アクセルでステップアウトした小さなミスがあったが、それでもキヒラが得点で迫ることを許さなかった。加えて、予定構成表に4回転ジャンプを入れていたキヒラだったが、本番ではそれを跳ぶ危険を冒さず、結果としてコストルナヤとの差が相当大きくなった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集