[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「愛せるものが勉強と柔道」 朝比奈沙羅、代表落選の裏で貫いた文武両道の“美学”

目的地はパリ五輪に変更「私の姿を見て文武両道でいようと思う人がいれば幸せ」

 朝比奈はこれまで文武両道で生きてきた。医師の両親を持ち、幼いころからの五輪金メダルと医師になるのが夢。進学校の東京・渋谷教育渋谷高から柔道の名門・東海大へ。医学部を受験したが、不合格となり、体育学部に進んだ。それでも、畳上の厳しい練習の合間に予備校の机にも向かう。そして今年10月、独協医大の医学部医学科のAO入試に合格した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 トップ選手では珍しい医学部合格。模範となるような両立だが、本人はそれを誰かに示したいわけではなかった。

「人に勉強しないといけないとか言うつもりはない。自分には頑張れるものがある。何か愛せるものがあるということは、いいことだと思う。その中で私が愛せるものが勉強と柔道だっただけ。人に文武両道をしなさいと言うことはない。ただ、私の姿を見て文武両道でいようと思ってくれる人がいれば、幸せなことです」

 医学とともに全身全霊を懸けて走ってきた柔の道。来年夏の夢舞台にはたどり着けなかった。ただ、目的地を失ったわけではない。

「これで引退ではない。まだまだやるつもりでいます。練習の一秒、一秒が自分の最後になると思って大切に生きていきたい」

 来年4月からパーク24に所属しながら、医者の卵になる。道の続きは24年パリ五輪に向かっている。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集