[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

親友・阿部詩も襲った「内定の重圧」 素根輝は“自分らしさ”守り、東京五輪を掴んだ

東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の最終日が24日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子78キロ超級を制した素根輝(環太平洋大)が初の五輪代表に内定した。同学年で仲のいい女子52キロ級の阿部詩(日体大)は、22日の決勝で敗れて今大会での内定はならず。素根は五輪切符の重圧がかかる大会で強さを見せ、阿部との出場を心待ちにした。

素根輝が五輪代表に内定も阿部詩は内定ならず【写真:Getty Images】
素根輝が五輪代表に内定も阿部詩は内定ならず【写真:Getty Images】

同じ19歳の阿部詩と素根輝に明暗、増地監督「素根は己に打ち勝った」

 東京五輪代表選考会の一つとなっている柔道グランドスラム(GS)大阪大会の最終日が24日、丸善インテックアリーナ大阪で行われ、女子78キロ超級を制した素根輝(環太平洋大)が初の五輪代表に内定した。同学年で仲のいい女子52キロ級の阿部詩(日体大)は、22日の決勝で敗れて今大会での内定はならず。素根は五輪切符の重圧がかかる大会で強さを見せ、阿部との出場を心待ちにした。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 19歳が“最後の砦”として五輪切符を掴み取った。素根は、決勝で北京五輪銅、ロンドン五輪金、リオ五輪銀、2013、14年世界選手権女王のオルティスと対戦。実績十分の元世界女王にひるまず立ち向かった。ホームの声援が降り注ぐ中、ゴールデンスコア方式の延長に突入。スタンドからは、いつも練習をサポートする兄・勝さんから「輝、絶対行けるぞ!」と声が飛んだ。

「苦しい試合になると、試合前から思っていた。最後は気持ちの勝負と思っていた。気持ちだけは切らさずに向かって行った。勝つということだけ考えて、一戦、一戦、全力で戦いました」

 迎えた延長1分53秒だった。素根が大内刈りで技ありを奪って優勝。派手に感情を出すことなく畳を降りた。夢の東京五輪金メダルに向けて立ちはだかる30歳のベテランを撃破。試合から1時間後、これまでの努力が報われる瞬間が訪れた。全柔連強化委員会で出席者の34人が満場一致で賛成。柔道では男女通じて内定1号だった。

「優勝はできたけど、落ち着かない気持ちだった。決まったと聞いて、本当にちょっとホッとしました」

 安心感が胸に染み、思わず笑みがこぼれた。世界選手権優勝者が今大会を制し、強化委員会で3分の2以上の賛成を得られれば五輪に内定。チャンスがあったのは、素根のほかに阿部と男子66キロ級・丸山城志郎(ミキハウス)の3人だった。しかし、両者とも22日の決勝で敗戦。リオ五輪王者の大野将平(旭化成)も権利があったが、ケガで欠場した。準優勝に終わった阿部は、悔しくて泣きじゃくった。女子の増地克之監督は明かす。

「今日の素根輝の戦いを見る限り、まず己に打ち勝ったというのが率直な気持ちです。阿部詩本人にも聞きましたが、『内定のプレッシャーのかかる場面で自分らしさが出なかった』と話していた。それで今日の素根は自分の柔道に徹した。相手よりもまずは自分に勝つことに徹した」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集