[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、日本メディア急過熱に米紙注目「報道陣の大群はオオタニを追っていたが…」

米プロバスケットボール(NBA)で日本人初のドラフト1巡目指名されたウィザーズ・八村塁。開幕戦でいきなりスタメンデビューを飾り、鮮烈なインパクトを見せつけたが、活躍とともに過熱する日本メディアを米地元紙はクローズアップ。「ショウヘイ・オオタニを追っていたが、ハチムラも今、同じような扱いを受けている」と紹介し、アジアが誇るNBAスターのデビュー当時になぞらえている。

八村塁【写真:Getty images】
八村塁【写真:Getty images】

ヤオ・ミンのNBAデビュー当時を彷彿「八村も今、大谷と同じような扱い」

 米プロバスケットボール(NBA)で日本人初のドラフト1巡目指名されたウィザーズ・八村塁。開幕戦でいきなりスタメンデビューを飾り、鮮烈なインパクトを見せつけたが、活躍とともに過熱する日本メディアを米地元紙はクローズアップ。「ショウヘイ・オオタニを追っていたが、ハチムラも今、同じような扱いを受けている」と紹介し、アジアが誇るNBAスターのデビュー当時になぞらえている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 7日付で掲載した地元紙「ワシントン・ポスト」は「日本では、バスケットボールの人気は相撲や野球以下だ」と紹介した上で「しかし、日本のメディアの大群はここ2年間、野球界のスター、ショウヘイ・オオタニを追っていたが、ハチムラも今、同じような扱いを受けている」と紹介。日本メディアの過熱ぶりはエンゼルス・大谷翔平に匹敵すると評している。

 記事では「この日本の強烈な関心は中国のスターのヤオ・ミンの2002年のNBAルーキーシーズンを彷彿させる」と回想。当時の報道として、シーズン第3戦に10人の中国人記者が訪れ、9の中国放送局と18の海外放送局が放送したことを紹介。「ヤオのヒューストンでの殿堂入りに相応しい活躍は中国国内のNBAに対しての大きな興味をもたらした」と記している。

 姚明といえば、NBAオールスターに8度出場し、着用していたロケッツの背番号11は永久欠番となっているアジアのレジェンド。記事では「それから17年後の10月30日、ハチムラがロケッツを相手にしたホームデビュー戦ではNBAは38の取材許可証を日本のメディアに対して発行した」とも紹介し、当時を思い起こさせるようなフィーバーぶりだったと伝えている。

 記事の掲載以降も八村は活躍を続け、開幕11試合連続スタメン中。今季デビューしたルーキーの中でもトップレベルの活躍を演じ、連日、日本メディアを賑わせている。新たな日本人アスリートの米挑戦で盛り上がる様子に、現地のメディアも興味深く見つめているようだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集