[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

骨折の井上を労わる ドネアの紳士なメッセージに海外感動「2人の偉大なチャンプ!」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収め、WBSS制覇を果たした。激闘の代償として井上は右目の眼窩底と鼻の2か所を骨折していたが、ドネアは自身のSNSで「傷が癒えるように!」と早期回復を祈願。敗れたにも関わらず相手をいたわる紳士的な姿勢が称賛を呼んでいる。

ノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

骨折を心配するドネアのメッセージが称賛呼ぶ

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム決勝はWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちを収め、WBSS制覇を果たした。激闘の代償として井上は右目の眼窩底と鼻の2か所を骨折していたが、ドネアは自身のSNSで「傷が癒えるように!」と早期回復を祈願。敗れたにも関わらず相手を労わる紳士的な姿勢が称賛を呼んでいる。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 試合が終わればリスペクトし合うボクサー同士。ドネアが井上の体を思いやった。2回にドネアの強烈な左フックを浴びた井上。自身初のカットで右目上から流血、一時はダウン寸前まで追い込まれるなど、5階級王者との頂上決戦はまさに死闘となった。

 井上は9日に自身のSNSで右目の眼窩底と鼻の2か所を骨折していたことを明かしていたが、ドネアも投稿を引用する形で自身のSNSでメッセージを送った。

「ナオヤ・イノウエとの対決の後、彼の負傷について聞いた。手術の必要がないと知り、安心した。そしてもちろん、傷が癒えるように!」と投稿。相手を労わるスポーツマンシップ溢れる紳士的なエールに反響が広がり、海外ファンからも称賛の声が上がっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集