[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本女子初V王手、韓国の想定外オーダーには苦戦 石川「びっくり」平野「戸惑った」

卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の女子準決勝が9日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同4位の韓国に3-1で勝利。2大会連続の銀メダル以上が確定し、初優勝まであと一つとした。2011、13、18年大会の過去3度決勝に進出したが、いずれも中国に敗戦。地元大会で悲願の初優勝を懸け、10日の決勝は9大会連続11度目の頂点を狙う中国へのリベンジを目指す。

女子日本代表の石川佳純【写真:Getty Images】
女子日本代表の石川佳純【写真:Getty Images】

韓国を破って2大会連続決勝進出、中国と激突へ

 卓球のJA全農ワールドカップ(W杯)団体戦の女子準決勝が9日、東京体育館で行われ、世界チームランク2位の日本は同4位の韓国に3-1で勝利。2大会連続の銀メダル以上が確定し、初優勝まであと一つとした。2011、13、18年大会の過去3度決勝に進出したが、いずれも中国に敗戦。地元大会で悲願の初優勝を懸け、10日の決勝は9大会連続11度目の頂点を狙う中国へのリベンジを目指す。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 予想外のオーダーに戸惑いながら、強さを発揮した。第1試合のダブルスは、主将の石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が、田志希、申裕斌組と対戦した。申裕斌は、8月のチェコオープン混合ダブルス決勝で水谷隼(木下グループ)、伊藤組を破り、ITTFワールドツアー混合ダブルスを史上最年少15歳50日で優勝。期待の「天才少女」をいきなり組み込んできた。

 すると、石川、平野組は韓国の新鋭が繰り出す両ハンド攻撃に苦戦し、1-3で敗れた。それでも、第2試合のシングルスは、エースの伊藤美誠(スターツ)が強打を武器とする左の崔孝珠と激突し、第1ゲームを落としながら3-2で接戦を制した。第3試合は平野が田志希の対決し、再三雄叫びを上げるなど、気合の入った戦いぶりでストレート勝ち。第4試合にバトンをつないだ。

 第4試合は伊藤が15歳・申裕斌を迎え撃ち、4歳年下の新鋭に貫禄を示し、3-1で勝利。2勝を挙げて貫録を示し、チームを2大会連続の決勝に導いた。

 試合後、石川と平野は第1試合のペアから予想外の相手オーダーを立ててきたことに驚きの声を上げた。「びっくりしました。待っていたオーダーと全然違った」(石川)、「正直、想定していたペアじゃなかったし、オーダーも違った。戸惑った」(平野)。サーブ、レシーブの傾向もわからず、試合直前まで映像を見て臨んだが、敗れた。

 平野はシングルスで雪辱し、完勝。「第1試合で負けて1-1になってしまったので、絶対取りたいと思っていた。今年一くらいのプレーできてよかった。ここ1年くらいの試合で今日が一番強かった」と会心の笑みをこぼした。貫禄の2勝を挙げた伊藤は「いよいよ決勝に立つことできてうれしい。勝ちに来たので自分たちらしく、楽しんで戦いたい」と中国との決戦を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集