[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 続く、まだ続く… ネイマール、“リフティングアップ”に仰天「衝撃的瞬間の一つ」

続く、まだ続く… ネイマール、“リフティングアップ”に仰天「衝撃的瞬間の一つ」

サッカーブラジル代表FWネイマールが驚異のウォーミングアップを演じ、世界で反響を呼んでいる。試合前のグラウンドでジョギング代わりにチームメイトとリフティングでピッチを半周。遊び心と技術が凝縮されたひとコマを、ブラジルサッカー連盟(CBF)が公式インスタグラムに動画付きで紹介し、世界のファンから「衝撃的瞬間の一つ」「新しい準備運動の形だ」と賛辞が続出した。

試合前に遊び心と技が凝縮されたアップを披露…ファン驚愕「新しい準備運動の形だ」

 サッカーブラジル代表FWネイマールが驚異のウォーミングアップを演じ、世界で反響を呼んでいる。試合前のグラウンドでジョギング代わりにチームメイトとリフティングでピッチを半周。遊び心と技術が凝縮されたひとコマを、ブラジルサッカー連盟(CBF)が公式インスタグラムに動画付きで紹介し、世界のファンから「衝撃的瞬間の一つ」「新しい準備運動の形だ」と賛辞が続出した。

 いったい、試合前になぜ、こんなことができるのか。キックオフ前からファンの感嘆が漏れそうなシーンは31日のロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選・エクアドル戦前のことだった。

 同国代表が紹介した動画では、練習着姿のネイマールはチームメイトのFWガブリエル・ジェズスと5メートルほどの距離を保ち、ペナルティエリアからリフティングでパスを交換。すると、頭、右足、左足と織り交ぜながらボールを落とすことなく、前進を始めた。

 ネイマールは時折、体をくるっと1回転させたりしながら、サイドラインを沿うようにどんどん進んでいく。多少ボールが逸れても危なげなく拾い、20回、30回と経過。さらに、センターラインを越えてもお構いなしで、反対サイドのペナルティエリアまでたどり着いた。動画に収められているなかでも50回のところでアップを終了した。

 ほかのチームメイトが脇をランニングで通過していたように、本来は軽めに汗を流すのが一般的。にもかかわらず、ボールを使い、しかもリフティングで約100メートルを落とさず、やってのけるのだから恐れ入る。

 この模様は公式インスタグラムでも「さぁ、ネイマールとガブリエル・ジェズスのリフティングショーだ。始まったぞ…続く…えっ、まだ続く…」と驚きをもって紹介。動画を見たファンも仰天した様子だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー