[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSドネア、“予想外の死闘”に英記者が頭を悩ませるワケ「WBSSのせいで…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS制覇を果たした。試合は戦前の「井上KO勝利」の評判を覆し、12ラウンドの激闘となった。英専門誌「ボクシングマンスリー」は記者らによる総括の座談会を掲載。井上については「どの試合を『年間最優秀試合』に選出すればいいのか、また頭を悩ませることに…」などと思い思いに評価している。

WBSS優勝を果たした井上尚弥【写真:荒川祐史】
WBSS優勝を果たした井上尚弥【写真:荒川祐史】

英誌「ボクシングマンスリー」が座談会を掲載「素晴らしい試合」「株を上げる結果に」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝は7日、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。WBSS制覇を果たした。試合は戦前の「井上KO勝利」の評判を覆し、12ラウンドの激闘となった。英専門誌「ボクシングマンスリー」は記者らによる総括の座談会を掲載。井上については「どの試合を『年間最優秀試合』に選出すればいいのか、また頭を悩ませることに…」などと思い思いに評価している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシング人気の高い英国でもバンタム級頂上決戦は熱視線を集めていた。座談会を掲載した英誌「ボクシングマンスリー」は同誌の記者などを務めるリー・ゴームリー氏、アンドリュー・ハリソン氏、カラム・ロッジ氏が試合を振り返った。その中で井上にの戦いぶりについて言及している。

 ゴームリー氏は「素晴らしい試合だった」と称賛。「WBSSのせいでどの試合を年末に決める『年間最優秀試合』に選出すればいいのか、また頭を悩ませることになったよ」。数々の名勝負が繰り広げられた2019年でも屈指の名勝負になったと評した。

 一方、ハリソン氏は「モンスターは最終的には12ラウンドまで戦うことになり、無理することを強いられたように見えたが、ラウンドを重ねるごとに確実性を見せつけ、自らの株を上げる結果となった」と苦戦した試合でなお、評価を高めたと分析した。

 ロッジ氏も「イノウエは偉大なベテランファイターにテストされていたようだったが、見事に合格した」と歴戦のキャリアを誇るベテランを打ち破ったことを評価した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集