[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、死闘ゴング後の“笑顔の抱擁”に感動の反響「これぞスポーツマンシップ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。終了のゴング後は互いに抱擁。感動的なシーンにネット上も反響が巻き起こった。

井上尚弥はノニト・ドネアに判定で勝利【写真:荒川祐史】Yuji Arakawa
井上尚弥はノニト・ドネアに判定で勝利【写真:荒川祐史】Yuji Arakawa

12回終了のゴングを聞くとドネアと抱擁、ネット感動「これがスポーツだ!」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム決勝が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、WBA・IBF王者の井上尚弥(大橋)がWBAスーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ち。バンタム級頂上決戦を制し、WBSS優勝を果たした。終了のゴング後は互いに抱擁。感動的なシーンにネット上も反響が巻き起こった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 12ラウンドを戦い抜いた2人が取った行動は、自分の勝利を誇示するものではなかった。激闘を繰り広げた最終12回、最後まで互いに手を出し、必死に勝利を目指した。井上は右目をカットして流血、ドネアは11回にダウンを喫していたが、そんなことも関係ない。新旧のバンタム級スターがボクサーとしての誇りを込めた。

 すると、終了のゴングが鳴った瞬間だ。どちらからともなく、2人は抱き合った。井上の表情は笑っているように見える。拳を交えた者同士にしかわからない感情を共有した。一度は別れたが、判定を待っている間には井上から相手コーナーに歩み寄り、再び、ドネアと抱擁。互いにリスペクトを示し合っていた。

 井上にとっては長年の憧れであり、尊敬する相手。ネット上では「胸がいっぱいになった」「抱擁した姿にも感動」「これがスポーツだ!」「最後の抱擁、たまらん」「…泣けた」「抱擁するふたりが凄くカッコよかった」「抱擁には感動してしまった」「これぞ、スポーツマンシップ」などと感動が広がっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集