[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “妖精”が全米に起こした批判と称賛 シャラポワ、涙の敗退を世界はどう報じたのか

“妖精”が全米に起こした批判と称賛 シャラポワ、涙の敗退を世界はどう報じたのか

テニスの全米オープンは女子シングルス4回戦で、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が17位のアタスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に7−5、4−6、2−6で逆転負け。出場停止処分から四大大会に復帰した「妖精」は、華麗なテニスでニューヨークを沸かせたが、06年以来の全米制覇はならず。元女王の涙の敗退を、各国メディアは「彼女のスパンコールはもう輝かない」などと惜しんでいる。

全米OP4回戦で逆転負け…各国メディアが惜しむ声「彼女のスパンコールはもう輝かない」

 テニスの全米オープンは女子シングルス4回戦で、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が17位のアタスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に7−5、4−6、2−6で逆転負け。出場停止処分から四大大会に復帰した「妖精」は、華麗なテニスでニューヨークを沸かせたが、06年以来の全米制覇はならず。元女王の涙の敗退を、各国メディアは「彼女のスパンコールはもう輝かない」などと惜しんでいる。

 ワイルドカード(主催者推薦)で参戦したシャラポワは、ついに力尽きた。英公共放送「BBC」では「マリア・シャラポワの19か月ぶりのグランドスラムはアタスタシヤ・セバストワ戦の敗北によって終わりを告げた」と特集。本人は「この1週間は本当に素晴らしい流れだった」と振り返っている。

「今週もたくさんの得るものがあった。去ることになってしまったけど、こういうメジャー大会でそれを得ることができたのはありがたいこと。信じられないような素晴らしい機会だった。こういう機会を手にすることができてとても感謝しています。私はベストを尽くした。それは誇りにできます」と語り、逆転負けにも胸を張っていたという。

 地元紙「ニューヨーク・タイムズ」は「マリア・シャラポワが敗退。USオープンでスター選手たちは敗者に追いやられている」と特集した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー