[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳トルソワ、世界最高Vに母国識者は唖然「現実離れ」「どう跳んでいるのか…」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がともに世界最高記録を更新する166.52点、合計241.02点で優勝。SP1位の紀平梨花(関大KFSC)を逆転した。3本決めた4回転ジャンプは海外メディアに動画付きで拡散され、大きな反響を集めたが、母国の識者からも絶賛の嵐が吹き荒れている。

アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワ【写真:Getty Images】

圧巻の演技でスケートカナダV、輝かしい実績を残す先輩スケーター達も唖然

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の15歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がともに世界最高記録を更新する166.52点、合計241.02点で優勝。SP1位の紀平梨花(関大KFSC)を逆転した。3本決めた4回転ジャンプは海外メディアに動画付きで拡散され、大きな反響を集めたが、母国の識者からも絶賛の嵐が吹き荒れている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ロシアメディア「russian.rt」では母国の複数の識者がトルソワの演技を評論。まず「男子選手でさえこのような難度のプログラムを滑ったのを覚えていません」と驚愕したのは、ソチ五輪金メダリストのソトニコワだった。

「私たちはみんな、あたかも別次元に行ってそこでサーシャ(トルソワの愛称)の演技を見て拍手して、もとへ戻ったかのようです。私は第2滑走グループでロシアのスケーターたちが完全に違うレベルにあるのを見ました」と続けている。

 シニアデビューイヤーの15歳の少女がやってのけた驚愕の演技。1999年の世界選手権女王マリア・ブッテルスカヤ氏も「サーシャ・トルソワの滑りに関しては、何も言うことがありません。彼女がしていること、スケート・カナダだけでなく、私たちがもうすでに見た(一つのプログラムの中での)4度の4回転ジャンプは――」と仰天している。

 さらには「これは単純に現実離れしたものです。私にとっては今でもどうやって彼女がそれ(4回転ジャンプ)をそれほど軽快にそして簡単に跳んでいるのかが分かりません。私は3回転ルッツや3回転ループに関して言っているわけではありませんよ」とコメントしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集