[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の12回想定は無意味か ドネアは判定決着を否定「それはイノウエではない」

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。プロ18勝のうち16KOを誇る日本のモンスターだが、ここまで日本のメディアに判定決着の可能性を示唆。これに対し、ドネアは「それはイノウエではない」と井上がアウトボクシングをすることを否定した。ドネアの母国紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が報じている。

ノニト・ドネア【写真:Getty Images】
ノニト・ドネア【写真:Getty Images】

井上尚弥戦に臨むドネア、強打の左フックに自信「彼は選択肢を考え直している」

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で戦う。プロ18勝のうち16KOを誇る日本のモンスターだが、ここまで日本のメディアに判定決着の可能性を示唆。これに対し、ドネアは「それはイノウエではない」と井上がアウトボクシングをすることを否定した。ドネアの母国紙「ザ・フィリピンスター」の公式サイト「フィルスター.com」が報じている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 世界が注目するビッグマッチまでカウントダウンが始まった。互いに世界屈指のハードパンチャーだが、井上は判定決着も頭に入れている。これについて、来日前のドネアが母国紙にこう語った。

「私が並外れたパワーを持っていることを、彼は知っている。だから、彼は選択肢を考え直している。イノウエは何年間も私を偶像化してきた。私にできることの多くをやってのけると人々は言う」

 ドネアは強打の左フックを持つ。井上にとって、「フィリピンの閃光」は憧れの存在だった。2014年のナルバエス戦前には、来日したレジェンドに対策を伝授してもらった。過去の試合の多くを頭に叩き込み、ドネアと対峙するシーンも十分にイメージできている。28日に横浜市内で行われた公開練習では、井上は「もちろん、いつもと違うことをやってくる想定もしている。崩していく展開も想定しながら、どのように来ても対応する準備はしている」と語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集