[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川遼「狙った球を打てた」 2年ぶり米ツアー、人生初アルバトロスより大切なこと

米男子プロゴルフツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日から4日間、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で行われる。約2年ぶりに米ツアー出場となる石川遼(カシオ)は23日、プロアマ戦で最終調整。18番でアルバトロスを達成したが、人生初の快記録より大切なものを手にした。

約2年ぶりに米ツアー出場となる石川遼【写真:浜田洋平】
約2年ぶりに米ツアー出場となる石川遼【写真:浜田洋平】

プロアマ戦でアルバトロス達成、待望の米ツアーも泰然自若「特別なことではない」

 米男子プロゴルフツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは24日から4日間、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で行われる。約2年ぶりに米ツアー出場となる石川遼(カシオ)は23日、プロアマ戦で最終調整。18番でアルバトロスを達成したが、人生初の快記録より大切なものを手にした。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 待望の米ツアーまで24時間を切った。10番スタートのプロアマ戦。収穫を手にしたのは562ヤードの18番パー5だった。残り261ヤードの第2打、3ウッドを振り抜くと、手前3メートルからピンへと吸い込まれた。ギャラリーもいない出場者と関係者だけの静かなラウンド。カップが見えない位置のため、入ったことにも気づかず。プライベートも含めて人生初のアルバトロスの瞬間はあっけなく訪れた。

「調子はそんなに悪くない。体の状態はいいですね。火曜日が練習日、水曜日がプロアマ。そのルーティンは変わってないですし、同じルーティンの中でできている。今週だけが特別なことではない」

 2年前、シード権を喪失して以来の米ツアー。米国での優勝を夢にクラブを振り続けた石川にとって、気持ちが高揚してもおかしくないが、いつも通りを貫いて臨む。22日は雨だったこともあり、この日が大会コースで人生初ラウンド。初めてのコースで初めてのアルバトロス。追い風が吹いてきたと捉えそうな快記録だが、自身の感覚では違うようだ。

「あれがアルバトロスでも、イーグルでも、バーディーでも、セカンドショットは良いショットが打てた。あのショットはフェードで思った通りに打てた。そういうボールが打てるということは、自分にとって前向きになれる。特にアルバトロスは気にしてないです。狙った球が打てるのがいいこと」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集