[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「自分らしさが戻って来た」 伊藤美誠、意地の2冠達成 “天敵”の石川撃破に手応え

卓球のチェコオープン(オロモウツ)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング11位・伊藤美誠(スターツSC)が同7位の石川佳純(全農)を4-1で破り、今季ツアー初優勝。日本のエースを撃破してタイトルを手にした16歳は、試合後にツイッターを更新し、「自分らしさが戻って来たかな」とつづり、さらなる躍進に自信をのぞかせた。

チェコオープン女子単決勝、石川を4-1で下して先週のリベンジを果たす

 卓球のチェコオープン(オロモウツ)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング11位・伊藤美誠(スターツSC)が同7位の石川佳純(全農)を4-1で破り、今季ツアー初優勝。日本のエースを撃破してタイトルを手にした16歳は、試合後にツイッターを更新し、「自分らしさが戻って来たかな」とつづり、さらなる躍進に自信をのぞかせた。

 先週のブルガリアオープンに続き、「石川vs伊藤」の日本人対決となった女子シングルス決勝。前回対戦で“先輩”にストレート負けを喫した伊藤が、意地を見せた。

 序盤から速攻が冴え、第1ゲームを11-5で奪うと、第2ゲームも接戦の末に15-13でモノにし、流れは完全に伊藤へ。続く第3ゲームも11-3と、怒涛の3ゲーム連取を見せる。第4ゲームこそ9-11で落としたが、崩れずに第5ゲームを11-4で制し、ゲームカウント4-1で石川を下した。

 ITTFによれば、過去の直接対決は伊藤の5戦5敗。“天敵”相手にもぎ取った嬉しい初勝利が、今季シングルス初優勝、そしてワールドツアー通算4個目のタイトルを呼び込んだ。伊藤はシングルスに先駆けて行われたダブルスでも早田ひな(希望が丘高)との「みまひな」コンビで優勝を飾り、大会2冠を達成している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集