[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奥原希望、日本女子単初の世界一に新たな決意「東京五輪に向けたスタートライン」

バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)が同4位のシンドゥ・プサルラ(インド)を21-19、20-22、22-20で下し、悲願の金メダルを獲得した。日本史上初の同種目制覇を成し遂げた22歳は、自身の現在地について「東京五輪に向けたスタートラインに立っただけ」と語った。

バトミントン世界戦選手権・女子単決勝、リオ五輪で敗れたプサルラを死闘の末に撃破

 バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)が同4位のシンドゥ・プサルラ(インド)を21-19、20-22、22-20で下し、悲願の金メダルを獲得した。日本史上初の同種目制覇を成し遂げた22歳は、自身の現在地について「東京五輪に向けたスタートラインに立っただけ」と語った。

 まさに死闘だった。

 決勝戦は序盤から一進一退の攻防。第1ゲームを21-19で先取するも、続く第2ゲームを20-22で奪われ、勝負は運命の最終ゲームへ。40回以上の手に汗握るラリーが何度も続き、ポイントが入るたびにお互いに膝に手をつき、コートに倒れ込む激しい応酬。それでも、奥原の執念が勝った。

 対戦したプサルラは、リオデジャネイロ五輪シングルス準決勝で敗れ、頂点への道を阻まれた因縁の相手だ。悔しさを胸に、粘りに粘って第3ゲームを22-20で制し、悲願の世界一へ。勝利が決まった瞬間、奥原は思わず感極まり、目頭を押さえた。

 日本の選手が世界選手権でシングルス優勝を果たしたのは史上初。全種目を通じても、1977年大会の女子ダブルス、栂野尾悦子、植野恵美子組以来の金メダルという快挙だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集