[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「記録破りの男」張本、ツアー史上最年少V 快挙達成で掲げた14歳の次なる“野望”

卓球のチェコオープン(オロモウツ)は27日、男子シングルス決勝で世界ランキング20位・張本智和(エリートアカデミー)が元世界ランク1位のティモ・ボル(ドイツ)を4-2で破り、ワールドツアー初優勝を飾った。14歳61日での優勝は史上最年少。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーションだ」と伝えた。

チェコオープン決勝…6月の中国オープンで敗れた元世界ランク1位ボルに逆転勝利

 卓球のチェコオープン(オロモウツ)は27日、男子シングルス決勝で世界ランキング20位・張本智和(エリートアカデミー)が元世界ランク1位のティモ・ボル(ドイツ)を4-2で破り、ワールドツアー初優勝を飾った。14歳61日での優勝は史上最年少。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーションだ」と伝えた。

「トモカズ・ハリモト」の名が、卓球界の歴史に刻まれた。

 自身2度目のワールドツアー・シングルス決勝に駒を進めた張本は、ワールドカップ優勝2回(2002、05年)、五輪にも00年のシドニーから5大会連続で出場している36歳の名手ボルと対戦。今年6月の中国オープン準決勝で敗れた相手に、第1ゲームを11-3と先取したものの、続く第2、第3ゲームを4-11、8-11と落とし、瞬く間に逆転されてしまう。

 それでも、今大会の張本は一味違った。1回戦でキリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)、準々決勝でクリスティアン・カールソン(スウェーデン)、準決勝でウーゴ・カルデラノ(ブラジル)と、4試合中3試合で最終ゲームまでもつれる熱戦の末に勝利。粘り強さと勝負強さを武器に反撃を試みる。

 第4ゲームを11-9でモノにすると一気に加速。第5、第6ゲームも11-6、11-9で取り、怒涛の3ゲーム連取で難敵ボルを退けた。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集