[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBAが4万人に見せつけた“目指すべき場所” 発展途上の日本は「正しい方に行ける」

米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが10日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ヒューストン・ロケッツが昨季王者のトロント・ラプターズを118-111で下した。今回で16年ぶりの日本開催となったNBAは通算14試合目となり、8日の第1戦と同カード。ラプターズが134-129で勝利した第1戦の8日は2万348人が集まり、この日は2万413人と2戦合計4万761人のファンが熱狂の渦に包まれた。

NBAの試合に熱狂する観客席【写真:浜田洋平】
NBAの試合に熱狂する観客席【写真:浜田洋平】

16年ぶり開催のNBA、2試合で4万人超観戦にハーデン「互いが素晴らしい目標を達成」

 米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが10日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ヒューストン・ロケッツが昨季王者のトロント・ラプターズを118-111で下した。今回で16年ぶりの日本開催となったNBAは通算14試合目となり、8日の第1戦と同カード。ラプターズが134-129で勝利した第1戦の8日は2万348人が集まり、この日は2万413人と2戦合計4万761人のファンが熱狂の渦に包まれた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 16年ぶりに訪れた“NBAの日”は終始、お祭り騒ぎだった。選手だけでなく、コートサイドも超豪華。第2戦はNBAと提携する楽天の三木谷浩史会長兼社長の両サイドで、テニスの錦織圭、大坂なおみも観戦。ロケッツベンチ横の最前列に座り、大型モニターに映し出されると、NBA選手にも劣らない歓声を受けた。ゴール横には元大関でタレントのKONISHIKIさんの姿も。第1戦ではF1のルイス・ハミルトンも観戦に訪れていた。

 試合は豪快なダンクに高速パス、激しい接触、空中戦、鮮やかな3ポイントなど世界トップレベルのプレーに観衆は拍手喝采だった。プレシーズンゲームでいわば調整試合。2戦ともハイスコアになった通り、ディフェンスは試合を通して全開だったわけではないのかもしれない。それでも、接戦の終盤にはタイムアウトで時間をうまく使うなど、互いに全力プレーで勝利を目指す姿が確かにあった。

 16-17年シーズンMVPで今季ロケッツに新加入したラッセル・ウェストブルックは、第1戦後の会見で日本の子供たちへのメッセージを求められた。「世界中の若い人たちに言えることだが、NBAに出るだけではなく、さらに自分を高めるために努力することが大事。日本の人たちには本当に来てくれて『ありがとう』と伝えたい」。ド派手なプレーとともに感謝の思いも届けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集