[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16年ぶり日本開催に埼玉熱狂「やべ~!」 昨季王者ラプターズが134-129でロケッツ下す

米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季王者のトロント・ラプターズがヒューストン・ロケッツを134-129で下した。NBAの日本開催は16年ぶり13試合目。10日にも同会場で両チームが対戦する。

シアカムの活躍もありラプターズがロケッツに勝利【写真:AP】
シアカムの活躍もありラプターズがロケッツに勝利【写真:AP】

NBAが16年ぶり日本開催

 米プロバスケットボール(NBA)のプレシーズンゲームが8日、さいたまスーパーアリーナで行われ、昨季王者のトロント・ラプターズがヒューストン・ロケッツを134-129で下した。NBAの日本開催は16年ぶり13試合目。10日にも同会場で両チームが対戦する。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 ロケッツは16-17年シーズンMVPで今季新加入のラッセル・ウェストブルック、17-18年シーズンMVPのジェームズ・ハーデンらが先発。米国代表として12年ロンドン五輪金メダル、14年W杯でも優勝メンバーだったハーデンが序盤から3ポイントシュートを沈めると、どよめきとともに「やべ~!」「かっこいい!」「デカいな」などの歓声が上がった。

 ラプターズは1年を通じて最も成長した選手に贈られるMIP賞に輝いたフォワードのパスカル・シアカムが先発。切れ味鋭いドリブルで魅了すると、30-30の同点から3ポイントシュートでネットを揺らす。一進一退の攻防が続き、本場のプレーに観衆は酔いしれた。ハーデンは第1クォーター(Q)だけで21得点をマーク。日本のファンの前でハイスコアの展開となり、44-40のロケッツリードで12分間の濃密な第1Qを終えた。

 第2Qもロケッツ優勢となり85-73で後半へ。両チームともスピード、パワー、テクニックなど全てにおいて迫力あるプレーを見せつける。体勢を崩しながらもシュートを決めたウェストブルックのプレーに大歓声。ハーデンが前後左右に細かくステップを刻み、ディフェンスを翻弄。フェイダウェーで鮮やかにこの日32点目を奪い、「マジでうまいよね」と感嘆の声を漏らすファンもいた。

 第3Qを106-99のロケッツリードで終えたが、第4Qにラプターズが逆転。昨季王者が終盤に意地を見せ、ともに大量得点となった試合を制した。八村塁(ウィザーズ)や渡邊雄太(グリズリーズ)らの活躍で空前のブームが起こる日本バスケ界。NBAプレーヤーの技がファンを喜ばせた。

 ラプターズは昨季NBA決勝でMVPに輝いたカワイ・レナードがクリッパーズへ、ダニー・グリーンがロサンゼルス・レイカーズへ移籍。7月に左手親指の手術を受けた主力のカイル・ラウリーは欠場した。16年ぶりの日本開催となり、この日のグッズ売り場には、オープン前から500人以上が大行列。練習から世界トップクラスのプレーを目の当たりにしたファンは、大盛り上がりだった。

 会場は8月に行われた日本代表の強化試合と同様に満員となった。NBAと提携する楽天の三木谷浩史会長兼社長が試合前にコート上で挨拶し「凄い人ですね。本当に。16年ぶりのNBAジャパンゲームスにようこそ!」と叫ぶと大盛り上がり。「素晴らしいチームが来てくれた。楽天はNBAを応援していきたい」と語った。会場にはバスケ好きで知られるお笑いコンビ・ハライチの澤部佑やF1のルイス・ハミルトンなど大物も観戦に訪れ、大型モニターに映し出されると笑顔を見せていた。

 シーズン開幕戦は、ラプターズがドラフト全体1巡目指名を受けたザイオン・ウィリアムソンを擁するニューオーリンズ・ペリカンズと22日(日本時間23日)に激突。ロケッツは24日(同25日)にミルウォーキー・バックスと対戦する。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集