[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、ジョコ、ワウリンカに続きラオニッチも… 全米OPはスター大量欠場のピンチ

錦織、ジョコ、ワウリンカに続きラオニッチも… 全米OPはスター大量欠場のピンチ

テニスの男子シングルス世界ランキング11位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が左手首の故障で手術を受け、28日に開幕する全米オープンを欠場することを発表した。

GS今年最終戦に欠場者続出…ラオニッチは24日に左手首手術で欠場「痛みが強すぎる」

 テニスの男子シングルス世界ランキング11位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が左手首の故障で手術を受け、28日に開幕する全米オープンを欠場することを発表した。

 26歳のビッグサーバー、ラオニッチは自身のインスタグラムを更新。「すべての友人とファンへ」と書き出し、苦しみの決断を明らかにした。

「僕は自分の怪我情報を更新するため、これを綴っています。みなさんご存知とは思いますが、左手首の痛みに対応してきました。シンシナティでのマスターズも欠場を余儀なくされるなど、ここ数週間、悩まされていました。自分にとって本当にスペシャルなイベントであるUSオープンに参加するため、全力でリハビリを進めてきました。しかしながら、痛みが強すぎるため、ドクターと相談した上で大会を欠場することになりました」

 ラオニッチは全米オープン欠場の意向に加え、24日に患部の手術を受けたことも発表した。

 全米オープンは世界ランク10位の錦織圭(日清食品)、4位のスタン・ワウリンカ(スイス)、5位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)も故障で欠場することがすでに決定。2位のアンディ・マレー(英国)と3位ロジャー・フェデラーも故障を抱えており、今年最後のグランドスラムは、スター選手の大量欠場というピンチを迎えている。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー