[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届 第3週高校生は30人提出 東邦石川らU-18戦士が一挙5人、夏の甲子園V主砲も

日本高校野球連盟が4日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は第3週を終えた。4日間(17~20日)で30人が提出し、高校生の提出者は計89人になった。

侍ジャパン高校日本代表の4番を務めた東邦の石川昂弥も提出【写真:Getty Images】
侍ジャパン高校日本代表の4番を務めた東邦の石川昂弥も提出【写真:Getty Images】

高校生の提出者は計89人に

 日本高校野球連盟が4日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は第3週を終えた。4日間(17~20日)で30人が提出し、高校生の提出者は計89人になった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 今週はU-18ワールドカップ(W杯)を沸かせた侍ジャパン高校日本代表戦士が続々と提出した。4番を務めた東邦・石川昂弥内野手は高校通算55発ながら、今春のセンバツの優勝投手。花咲徳栄(埼玉)・韮澤雄也内野手は遊撃手ながら、U-18W杯は一塁手でレギュラーとなり、ベストナインを獲得した。

 他にも興南(沖縄)の宮城大弥投手、八戸光星学院(青森)の武岡龍世内野手、津田学園(三重)の前佑囲斗投手も提出し、高校日本代表は一挙5人が提出した。他にも履正社(大阪)を今夏の甲子園初優勝に導いた高校通算49本塁打・井上広大外野手も提出するなど、注目選手が続々と名を連ねた。

 今後はドラフト目玉候補の佐々木朗希投手(大船渡)、奥川恭伸(星稜)らの動きに注目が集まる。提出者は10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集