[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、父にコーチ変更後初白星 会見で感謝「何よりも自分にとって最愛の人」

テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は18日、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が初戦のシングルス2回戦に登場し、予選勝者で同181位のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)に7-5、6-3で勝利を収めた。5度目の本戦出場で初優勝を狙う大会の舞台は故郷の大阪。1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇を狙う。

記者会見に臨んだ大坂なおみ【写真:浜田洋平】
記者会見に臨んだ大坂なおみ【写真:浜田洋平】

世界ランク181位のトモバに勝利「私はパワープレーヤー。主導権を握るのは自分」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は18日、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が初戦のシングルス2回戦に登場し、予選勝者で同181位のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)に7-5、6-3で勝利を収めた。5度目の本戦出場で初優勝を狙う大会の舞台は故郷の大阪。1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇を狙う。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 初戦をなんとか勝ち切った。初対戦となったトモバとの第1セット。序盤からネットに掛けるミスが目立ち、ファーストサーブを決め切れないなど精彩を欠き、開始から3ゲームを連取された。それでも、球速190キロ台の弾丸サーブを軸に攻勢に出ると、ライン際に強烈なバックハンドが炸裂。スタンドからはどよめきが起き、少しずつ勢いを取り戻した。12ゲームまでもつれ込んだものの、最後はラブゲームで制し、第1セットを7-5で先取した。

 第2セットは第1ゲームから一進一退の攻防が続き、7度のデュースの末にサービスキープできず。第2ゲームも落としたが、第3ゲームはしっかりとサービスキープした。1-2の第4ゲームは鋭いフォアハンドでダウンザラインを決めてブレーク。3-3の第7ゲームをキープすると、第8ゲームは相手のミスも重なりブレーク。そのまま優位に試合を進めて勝ち切った。

「とても今日は勝ちたいという気持ちが強かったので、その分非常に緊張していたけど、勝利を収めた後はホッすることができた。自分のパワーの面でもいいプレーができたのでよかったです。

 最初ビハインドになったところは自分がスロースターターだとわかっていたのでそんなもんかなと思っていた。第2セットは自分がどういうふうににしようかと思ったのがよくなかった。ただ、私はパワープレーヤーであり、この試合の主導権を握るのは自分であると強く思っていた。その気持ちが自分のらしさを出すために、落ち着かせてくれたと思う」

 初戦突破をこう振り返った大坂は、2016年、18年大会で準優勝。3歳まで大阪で過ごし、今大会の会場は父のレオナルド・フランソワ氏とともに練習をしていた思い出深い場所だ。昨年大会以来となった1年ぶりの日本での試合。集まった3346人のファンに歓迎を受けた大坂は「観客の皆さんはいつも私に対してリスペクトを持って接してくれているので、非常に嬉しい。誰にでもそういう姿勢を見せてくれている。対戦相手がいいプレーをすれば拍手をしてくれるし、もちろん私のプレーにも。ミスをすると『ウー』ってため息が出るということもあるけど、私が楽しんでいるところです」と笑顔で語った。

 2月にコーチだったサーシャ・バイン氏を解任し、米国テニス協会のナショナルコーチだったジャーメイン・ジェンキンス氏と契約。しかし、全仏オープンは3回戦、ウィンブルドンは1回戦で、連覇を狙った全米オープンも4回戦で敗れた。今月13日にジェンキンス氏との契約解消を発表し、今大会からフランソワ氏がサポートしている。大坂はシーズン中のコーチ変更のリスクについてこう語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集