[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ、表彰式の「ビーナス以外なら」発言に会場笑う 海外反響「去年よりいい」

テニスの4大大会最終戦・全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がビアンカ・アンドレースク(カナダ)に3-6、5-7で敗れ、2年連続準優勝となった。しかし、試合後のオンコートインタビューでは勝者を素直に称賛し、会場の笑いを呼ぶジョークも炸裂。実際のシーンを大会公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開し、大荒れとなった昨年の大坂なおみ(日清食品)と一変した雰囲気に「去年よりはいいね」との声も上がっている。

全米オープン決勝で敗れ準優勝となったセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
全米オープン決勝で敗れ準優勝となったセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

昨年の大荒れから一変、平和的スピーチにファンから様々な意見が…

 テニスの4大大会最終戦・全米オープンは7日(日本時間8日)、女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)がビアンカ・アンドレースク(カナダ)に3-6、5-7で敗れ、2年連続準優勝となった。しかし、試合後のオンコートインタビューでは勝者を素直に称賛し、会場の笑いを呼ぶジョークも炸裂。実際のシーンを大会公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開し、大荒れとなった昨年の大坂なおみ(日清食品)と一変した雰囲気に「去年よりはいいね」との声も上がっている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 またしても優勝に届かなかった。しかし、セリーナの表情は晴れ晴れとしていた。表彰式のインタビュー、試合を振り返った上で勝った19歳アンドレースクについて問われると「ビアンカは今日信じられないような試合をした。おめでとう。素晴らしい試合だったわ」と称賛し、健闘を労った。

 その上で「もし、優勝できないのであれば、ビアンカが勝ってくれてうれしいわ……ビーナス以外でね」と盟友である姉の存在を引き合いに出しながらユーモアたっぷりに話し、笑いも取った。そんな一幕にアンドレースクも笑いをこぼし、会場も温かい空気に包まれていた。

 大会公式インスタグラムは「レジェンドのまごうことなき品位。セリーナ・ウィリアムス、また会いましょう!」とつづり、実際のインタビューを2本に分けて公開。しかし、去年は大坂との決勝で主審に対する行動などで大荒れを演じ、表彰式でブーイングが起きたとあって、様々な意見が上がっている。

「セリーナは女王、そして永遠に女子テニス界のレジェンドよ。大好きだし、もっとタイトルを獲ってほしい」「セリーナは文句なしのレジェンド! 歴史を作る日は来るはず」「GOAT(史上最高)は変わることなくGOAT」と称賛する一方で「品位? どこが?」「彼女の品性を見られるのはいいね。いつもとはいかないから」「これは女優…」と厳しい声も。

 さらに「去年よりはいいね」と1年前を引き合いに出し、皮肉めいた意見も上がっていた。しかし、コート上ではミスこそ目立ったが、全力を尽くし、戦い抜いた。今大会も年齢を感じさせないプレーで快進撃を演じたセリーナ。再び、4大大会のトロフィーを手にするチャンスは残されている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集