[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

馬場雄大、王者米国に孤軍奮闘18得点 相手NBA名手も驚き「チームに活気与え続けた」

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ敗退が決定している世界ランク48位の日本は5日、同1位・米国との1次リーグ最終戦(上海・東方体育中心)を行い、45-98で完敗。3戦全敗で順位決定戦に回ることになった。エースの八村塁(ウィザーズ)が代表自己最少の4得点に封じられる中、奮闘したのが馬場雄大(アルバルク)だ。豪快なダンクを含む、チーム最多の18得点をマーク。相手のNBA名手も「ババは印象的だった」と称賛した。

馬場雄大【写真:Getty Images】
馬場雄大【写真:Getty Images】

NBA軍団相手に孤軍奮闘、豪快ダンクも…米国選手「チームに活気を与え続けていた」

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ敗退が決定している世界ランク48位の日本は5日、同1位・米国との1次リーグ最終戦(上海・東方体育中心)を行い、45-98で完敗。3戦全敗で順位決定戦に回ることになった。エースの八村塁(ウィザーズ)が代表自己最少の4得点に封じられる中、奮闘したのが馬場雄大(アルバルク)だ。豪快なダンクを含む、チーム最多の18得点をマーク。相手のNBA名手も「ババは印象的だった」と称賛した。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 ただで負けるわけにいかない。日本の背番号18が、NBA軍団に孤軍奮闘した。最大の見せ場は第4Q残り1分30秒だ。自陣から狙い澄まして相手のパスをスティール。独走で相手コートに持ち上がると、最後は豪快に右手でダンクを叩き込んだ。試合は決していたが、切らさなかった闘志。エース八村が4得点に封じられたのをよそにチーム最多の18得点をマークした。

「こういった点数になったけど、やっていて何か自分たちがきっかけを掴んで、経験を埋めることができれば、戦えると感じた。ここからがスタートと感じた」と自信を掴んだ様子。18得点については「(相手が)個々の能力が高く、1対1でアグレッシブにディフェンスしてくる。そういったところの打開する力は自分はあると思うので、それを信じて戦った結果」と胸を張った。

 その存在を相手のNBA選手も認めていた。実際に対峙したドノヴァン・ミッチェル(ジャズ)は日本について問われると、自ら馬場の名前を挙げた。「ババは何度も自分でボールを運んで、ダンクや3ポイントを決めて、チームに活気を与え続けていた」と働きを称賛。その上で「とても印象的だったよ」と驚いた表情で語り、孤軍奮闘した23歳に拍手を送っていた。

 国際大会で47年ぶりに対戦したバスケ王国に屈しながら、確かな輝きを放った馬場。「米国は改めて凄さを感じたけど、ここをずっと目指してやってきたので、この選手たちを倒すためにこれからやっていきたい」とさらなる進化を誓った。八村を筆頭に渡邊雄太、ファジーカスが君臨する「BIG3」に加え、この男が世界レベルで台頭すれば、日本の希望は膨らむ。

(THE ANSWER編集部)

FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集