[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、王者・米国に23-56の大差つけられ前半終了 八村塁は徹底マークで無得点と沈黙

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ敗退が決定している世界ランク48位の日本は5日、同1位・米国との1次リーグ最終戦(上海・東方体育中心)を行い、23-56で前半を折り返した。ここまで2戦2敗ながら計36得点と奮闘してきた八村塁(ウィザーズ)は先発出場したが、徹底マークに遭って出場14分4秒でわずかシュート2本で無得点に封じられている。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

1次L敗退の日本、世界大会47年ぶりの米国戦

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ敗退が決定している世界ランク48位の日本は5日、同1位・米国との1次リーグ最終戦(上海・東方体育中心)を行い、23-56で前半を折り返した。ここまで2戦2敗ながら計36得点と奮闘してきた八村塁(ウィザーズ)は先発出場したが、徹底マークに遭って出場14分4秒でわずかシュート2本で無得点に封じられている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 バスケ人気の高い中国は米国チーム見たさに現地ファンが多く集まり、1万5000人規模の会場はほぼ満員となった。練習から米国選手が派手なダンクを決めると拍手喝采。アウェームードが漂う中でも、試合前のメンバー紹介で「Rui Hachimura!!」とコールされると、日本のエースは大歓声を受けた。

 日本は八村のほか、篠山竜青、渡邊雄太、馬場雄大、ファジーカス・ニックが先発。しかし、第1クォーター(Q)開始わずか8秒でケンバ・ウォーカー(セルティックス)に2点を決められると、米国オフェンスを止められない。3ポイントも決められ、2分1秒には八村のファーストシュートも入らず。0-11の2分23秒にタイムアウトを取った。

 打てども打てども、日本のシュートは入らない。最初の得点は、0-13で渡邊が得たフリースローの4分40秒だった。5分40秒が過ぎ、ファジーカス・ニックがようやくフィールドゴールを決めて4-18。ボールが相手に当たってコート外に出たが、相手ボールと判定される不運も。パスミスを連発するなど逆に豪快なアリウープを叩き込まれ、フル出場の八村は0得点のまま9-23で第1Qを終えた。

 第2Qも素早いパス回しで内、外と面白いようにボールを回され、翻弄された。八村はシュートも打てない。残り5分56秒でベンチへと下がった。それでも、身長178センチでひと際小さく見える主将の篠山が体を張ってボールを死守すると、会場から拍手が送られた。

 スター選手が次々と辞退した若手の多いメンバー構成とはいえ、史上初の3連覇で単独最多6度目の優勝を狙う実力は間違いなく本物。2次リーグ進出は決まっているが、日本のフリオ・ラマス監督は「この大会では優勝候補。彼らも野心を持って自分を売り込む場でもある」と警戒していた。

 米国は8月24日に世界ランク11位・オーストラリアとの強化試合に臨み、94-98でまさかの敗戦。06年から続いていた連勝が78でストップした。プレーオフも含め、NBAで史上最多1415勝を誇るスパーズのグレグ・ポポビッチ監督の下、気を引き締めて臨んだ今大会は初戦のチェコに88-67で快勝。第2戦のトルコには延長の末に93-92と冷や汗をかきながらも、2連勝で2次リーグ進出を決めた。

 日本はW杯で米国と初対戦。五輪は1956年メルボルン(40-98)、60年ローマ(66-125)、72年ミュンヘン(33-99)で3戦全て大敗だった。世界大会では47年ぶりの対戦。八村は2014年U-17世界選手権で両チーム最多の25得点を挙げたが、38-122で大敗した経験がある。NBAドラフト1巡目指名の真価を問われる一戦。7、9日には順位決定戦を予定している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集