[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

外野は左からレフト、サード、センター、ライト…!? 珍シフト、その結末は…

米大リーグで珍しい守備シフトが登場し、話題を呼んでいる。外野に4人陣取り、内野は3人で形成。その模様をMLB公式ツイッターも動画付きで紹介し、ファンの間でも反響となった。

なぜ、サードはそこにいるのか…カブスの知将マドンの大胆シフトが米話題

 米大リーグで珍しい守備シフトが登場し、話題を呼んでいる。外野に4人陣取り、内野は3人で形成。その模様をMLB公式ツイッターも動画付きで紹介し、ファンの間でも反響となった。

 外野は左からレフト、サード、センター、ライト……!? 珍しいシフトが飛び出したのは、14日に行われたカブス―レッズ戦だ。カブスは7-2とリードし、5回1死走者なし、左の好打者ボットを迎えた。

 ここで、知将として知られるジョー・マドン監督が大胆な策に出る。三塁手のブライアントを外野に送り、中堅手のジェイと左翼手のシュワーバーの左中間に置き、右翼手のヘイワードは定位置の陣形で外野4人態勢を取った。一方、3人になった内野は遊撃手のバエスが三遊間の真ん中に陣取り、二塁手、一塁手はほぼ定位置に位置した。

 この試合まで打率.317で31本塁打を放ち、好調を維持しているボットの長打を警戒してのことだろう。しかし、走者を三塁に置いた場面で本塁アウトを狙うため、外野手を内野手を置くことは稀に見られるが、内野手を外野手に回すことは比較的、珍しいといえる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集