[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSロマチェンコ、夢対決の可能性をアラム氏明かす「ロマに数々の大勝負待つ」

11月7日に行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。大会後のキャリアに大きな注目が集まる中、大物プロモーターのボブ・アラム氏は将来的にパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位でWBA&WBOライト級世界王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦する可能性を明らかにした。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

キャンベル戦に挑むPFP王者の今後に言及、階級を下げていく可能性を明かす

 11月7日に行われるボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝で5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突するWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。大会後のキャリアに大きな注目が集まる中、大物プロモーターのボブ・アラム氏は将来的にパウンド・フォー・パウンド(PFP)1位でWBA&WBOライト級世界王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦する可能性を明らかにした。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 世界最速で3階級世界王者となったロマチェンコは31日にWBCライト級1位のルーク・キャンベル(英国)とロンドンで3団体統一戦に挑む。ロマチェンコやWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)らのプロモーターを務めるアラム氏はロマチェンコが今後、階級を落としていく可能性を明らかにしたという。

「彼はフェザー級の選手だ。135ポンド(ライト級)でボクシングするには余計に食べなければいけないんだ」

 08年北京五輪ではフェザー級で金メダリストとなったロマチェンコ。12年ロンドン五輪ではライト級で優勝したが、プロとしてもフェザー級でキャリアをスタート。14年6月に史上最速のプロ3戦目でWBOフェザー級世界王者に輝いていた。米誌「ザ・リング」選定のPFPで1位に君臨する「精密機械」だが、適正体重はフェザー級だという。

「ジャメル・ヘリング、ミゲル・ベルチェット、オスカー・バルデス、カール・フランプトンもいる。数多くの戦いがある。ヘリングは次戦でローチと戦うことになるが、フランプトンが戦いを望むなら、我々は調整することができる」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集