[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本男子フィギュアに明るい光 15歳・佐藤駿がJGP初出場V、日本勢は2週連続制覇

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦・米国大会は30日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳・佐藤駿(埼玉栄高)がフリーでもトップの137.93点をマーク。合計217.12点で優勝した。第1戦・フランス大会の鍵山優真(星槎国際高横浜)に続き、日本勢2週連続Vとなった。

佐藤駿【写真:Getty Images】
佐藤駿【写真:Getty Images】

合計217.12点で優勝、第1戦の鍵山優真に続く日本勢V

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦・米国大会は30日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳・佐藤駿(埼玉栄高)がフリーでもトップの137.93点をマーク。合計217.12点で優勝した。第1戦・フランス大会の鍵山優真(星槎国際高横浜)に続き、日本勢2週連続Vとなった。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 日本男子フィギュアに明るい光だ。佐藤は冒頭の4回転サルコーでバランスを崩し、4回転トウループ―3回転トウループで手をついたが、冷静だった。続く4回転トウループを綺麗に決め、波に乗った。後半の3回転アクセル、3回転ループも必死にこらえ、最後の3回転ルッツこそ転倒したが、ジュニアGPデビュー戦で堂々の演技を見せた。

 大きな歓声を受けても表情を変えることはなかったが、137.93点が表示されると、少しだけ安堵の笑みをこぼした。先週のジュニアGPシリーズ第1戦フランス大会は鍵山が優勝。2位に34点差をつける圧勝で開幕戦を飾っていたが、佐藤もこれに続いた形だ。羽生結弦、宇野昌磨に続く、新世代の逸材台頭が待たれる日本男子フィギュア。明るい希望が続々と芽吹きつつある。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集